スポーツ

Serena Williams、Australian Openチューンアップで簡単に通過

Serena WilliamsはCOVID-19感染症が原因で、通常よりも3週間遅れて開始されるシーズン開幕グランドスラム大会である全豪オープンの延期された開始から銀の裏地を発見した。

ビジュアル。

2ラウンドの試合を控えて、昨年全仏オープンで出場を終えたアキレス腱の負傷から回復する時間です。 娘との余分の時間、ホテル隔離中。

7回全豪オープンチャンピオンの39歳のアメリカンは月曜日メルボルンパークで開かれたチューンアップトーナメントでダリアガブリエレリロバー6-1、6-4で勝ち、24番目のグランドスラムのシングルのタイトルに向けて長い道のりを再起動しました。

次の週の月曜日の最初の主要が開始される前に選手たちに競争テニスのための機会を提供するために、今週の6つのトーナメントが開催されます。 WilliamsはYarra Valley Classicで上位ランキングAsh Bartyと守備全豪オープンチャンピオンSofia Keninと走っています。

Williamsは彼女がMelbourne Parkで競争することができる分だけ」の限界をプッシュしている」と言いました。

「毎回必要だった。レギュラーシーズン中だったら、ここにいたないようです。」と彼女は言いました。 「だから、それは不要な祝福と言いたい私は多くを必要としました。

「だから、私は確かに回復するには時間がかかり、私ができる最善を尽くしています。今はるかに良いされました。 “

ウィリアムズは先週の金曜日アデレードでナオミ大阪との最初の検疫後のオープン戦を行った。

Margaret Court ArenaでGavrilovaとの試合で、彼女はメルボルンで比較的涼しい夏の日、試合を通して長袖シャツを着て、後で2ラウンドの出会いのために目標だったことを達成したと言いました。 法廷で。

ウィリアムズは28人の勝者を打ち、19個の強制エラーがあり、6つのブレークポイントのうちの3つを切り替えて直面した4つのすべての防御しました。

シーズンが始まる数週間より残ったので、最小限の準備をする時間が十分でした。

「正直なところ、私が欲しかっただけませんでした。アキレスを取る必要があったからです。ああ、世の中に、こんなに時間がかかるとは思わなかった。」と彼女は言いました。 「だから、私は確かに限界を押していたが、ここにいます。」

Williamsは現在、3歳の娘オリンピアを妊娠してから二ヶ月になった時、2017年全豪オープン以来23個のメジャーシングルタイトルで停滞しました。

ヤラ川クラシックの他の試合で13番ダニエルコリンズはニーナスト矢野ビーチを6-2、6-1で勝った7番シードペトラマティックは、ベララフ鼻を4-6、6-3、6-2で勝ちました。

HALEPアドバンス

ギプスランドトロフィーで1位を占めた2位Simona Halepはアナスタシアポタージュポバを相手に6-4、6-4、第2ラウンドの勝利を収め、3シードElina Svitolina、8位Karolina Muchova、No. 9エカテリーナアレッサンドロバー。

以前にCoco Gauffは、第二セットでサービスをリラックスしJil Teichmannを6-3、6-7(6)、7-6()を倒す前に、1ラウンドの試合で勝利する直前のように見えました。 5)。

ウォーミングウィーク

今年の最初のグランドスラムトーナメントはCOVID-19プロトコルを可能にするため、3週間遅れて、オーストラリアに到着するすべての人々が14日間検疫を必要でした。

ほとんどの人トーナメントは火曜日に開始されたATPのコップのチームのイベントです。 他の人のトーナメントは、グレートオーシャンロードオープンとマレー川オープンです。

GippslandトロフィーとYarra Valley Classicのほか、WTAはGrampiansトロフィーがあります。 Grampiansイベントは28引き分けトーナメントでオーストラリアでのチャーター便でCOVID-19の事例が陽性されて練習の利点なしに14日間強制的に強制的に閉鎖されたプレーヤーのみ公開されます。

TIAFOEアウト

フランスCorentin Moutetはマレーリバーオープンで米国を3-6、6-4、6-4で破り、2019全豪オープンベスト8進出者Frances Tiafoeに対して厳しい1ラウンドの試合で優勝しました。

二人のアメリカ人が前進して、5シードTommy PaulがCameron Norrieを4-6、7-6(2)6-3で下しMackenzie McDonaldが14シードのRichard Gasquet 7-6(2)、7-5を破った。

アンダーソンアドバンス

2回のグランドスラム決勝進出者ケビン・アンダーソンが16シード、スペインのペルリシアノロペスを相手に6-4、7-5で勝利し、グレートオーシャンロードオープントーナメントを開催しました。

13位Aljaz Bedeneは、日本のYasutaka Uchiyamaを7-6(5)、7-6(5)破って1ラウンドの勝利を収めました。

___

より多くのAPのテニス:https://apnews.com/apf-Tennisとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  レイカーズを10年ぶりの決勝進出に導いた指揮官フランクフォーゲルとレブロン・ジェームズの縁 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close