Short Shorts Film Festival & Asia: “Stories from Around Japan”

1 min read

第9回ブックショートアワード受賞作発表

東京2023年3月28日 / PRNewswire/ – ショートショーツ映画祭& アジア (SSFF& アジア)、アカデミー賞認定国際短編映画祭® 短編プロジェクトに選ばれた第9回ブックショートアワード受賞作を発表することができて嬉しく思います。 Book Shortsのウェブサイトで受賞歴のある英語小説をご覧ください。

ウェブサイト https://bookshorts.jp/20221024s_eng

この賞は、2022年日本文化博覧会が後援する「日本全域の物語づくり」プロジェクトの一環として開催されます。

過去のブックショートアワードのテーマを維持しながら、特に「世界のさまざまな地域の物語」について700件以上の出品作を集めました。 日本」。

優勝作の宇田玉樹の「サンセットロード」は、童謡「」を原作にした短編小説だ。五ノ道(この道) 日本 高校卒業後、一度も会えなかった父と主人公の関係と記憶を描いた話だ。

ブックショートアワードの選定とコメント

高校卒業後、父と距離を置いた主人公は病院で電話を受ける。 医師は彼の父親が認知症の早期発症の可能性があると彼に言います。 しかし父親が一生をギャンブルと酒で送った後、主人公が感じることができる唯一の感情は長い憎悪だった。 もう我慢できず、お母さんは消えて小学生になった主人公は父と二人がいる。 その結果、父親は酒とギャンブルをあきらめ、若い主人公に愛を注ぐが、母を失った悲しみと父親に対する憎しみは決して行かない。

しかし、変化が来るでしょう。 退院する日、主人公は息子に対する記憶がどんどん残っている父親と一緒に実家に向かう夕焼けの道を歩く。 彼の心には家族と共にこの道を歩いた記憶が蘇る。 そして香水を呼び起こす時計塔の鐘が鳴ります。

この家族が幸せで静かな生活を送ることができるように、すべてを許すのにもう少し時間がかかるようです。

受賞者の宇多玉木氏は認知症をモチーフにした作品を数回出品し、短編関連賞を受賞し、「ベストブックショート」に選ばれたりもしたが今回が初めて大賞を受賞した。

メディア連絡先:
田中ふゆみ
0354748201
[email protected]

ソース Short Shorts Film Festival & アジア

READ  伊丹十条で始まる場所
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours