エンターテインメント

SixTONES「1年の歌だ “Imitation Rain」をYOSHIKIさんに見てもらいたい」:第71回NHK紅白歌合戦[음악]

[제71회NHK홍백가합전/12월29일/리허설]初出場したSixTONESが紅白リハーサルに臨んだ。 YOSHIKIがプロデュースしたデビュー曲「Imitation Rain」を公演する。

以下、SixTONESコメント

■告知優吾(高はしごだか)

私は総合社会内村(光良)さんのプログラムで芸能界入りしたため、芸能界の父内田さんに成長した姿を見てほしいと思います。 番組の収録時に「次会うのはNHKホールである」と言って与えることができるので、適切に期待に応えたいと思います。

■田中木

この大変な年の集大成をお前でパフォーマンスして、多くの人々の心にどのように伝わるか緊張感がありながらも、今からワクワクしています。 一緒に出場することであったSnow Man分までの性能ができたらと思います。

■松村北斗

今ドラマの現場で亀梨和也くんと一緒にしているが、今日来る前に「とても光栄だから胸を張っていったオーラ」という言葉をいただきました。

■提示

初出場することで、本番がどうなるのか緊張していますが、まず楽しむことができたらいいなと思います。 様々な世代が見ていると思いますので、そこでどのように私たちが輝くか、一人一人に注目接触、YOSHIKIさんに楽曲提供を受けた「Imitation Rain」の歌詞とメロディーの性能を見ることができればと思います。

■森本慎太郎

私は2009年、小学生の頃に「スノープリンス合唱団」というグループに紅白の舞台に立ったことがあるが、SixTONESに戻って出てくることができていることがうれしいです。その頃を覚えてくれるのが嬉しいです。

■校モットー大学

今回のデビュー曲を作ってくれたYOSHIKIさんも紅白に出場するため、1年の歌だ私たちだけの「Imitation Rain」をYOSHIKIさん見たいと思います

SixTONESリハーサル姿

▽第71回NHKホン白松まとめ

毎年NHKホールで生放送で提供される「NHK紅白歌合戦」。 今年はNHK放送センター全体が舞台となる。 主な舞台は「NHKホール」「101スタジオ」「オーケストラスタジオ」「審査員室」の4会場各会場のステージだけ「特別な演出」が開かれる。「今歌おうすべてエア」をテーマに、日本の視聴者に歌でエールを送る。 コロナによって傷ついた人や疲れの人々の心を癒して少しでも明るい気持ちで2021年を迎えることができるよう歌のいくつかを送る。

総合社会は内村光良と桑子スマホアナウンサーが務める。 紅組社会の二階堂ふみと白鳥社会の大泉洋は、最初の紅白社会内村は4年連続総合社会である。





READ  岩田隆則が言う「TENETテネット」 - 映画ナタリー特集インタビュー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close