エンターテインメント

SKグローバルで「タイガーアンドバニー」の色設定

バンダイナムコが所有する日本アニメシリーズ「Tiger&Bunny」が3回目に英語の実写映画として脚色されました。

米国独立制作会社のSKグローバル(「クレイジーリッチアジアン」、「ヘルオアハイウォーター」)がバンダイナムコピクチャーズおよびM.レイヴン・メッツナー(「アイアン・フィスト」、「スリッピー」)と手を取り、この資産をシリーズとして開発すると発表した。 Hollow”)適応とショーランニング。

「Tiger&Bunny」フランチャイズは、ニューヨーク市の近い将来のバーチャルStern Bildで活動する英雄的な犯罪戦士を特徴としています。 このフランチャイズは、日本の深夜テレビで放映された漫画とアニメシリーズで、2011年に発売されました。 それは2012年に2つの長編映画と演劇の舞台を素早く誕生させました。

SKグローバルはこの建物を「大企業が専門スーパーヒーローを後援した後、人気リアリティテレビ番組に放送される未来都市を背景にした本気の若いコメディドラマで、物語はベテランの英雄タイガーを中心とする。 バニーラは自信に満ちた新人とパートナーになるしかありませんでした。

実写シリーズの各色は、Metzner総括プロデューサーと共にSKグローバルが制作し、フィロソフィアCEOと共に日本でオリジナルの「タイガー&バニー」アニメシリーズのプロデューサーでもあるバンダイナムコピクチャーズの大崎正之が総括プロデューサーを務めます。 藤村哲(「カウボーイビバップ」、「攻殻機動隊」)。

この建物は、2015年にBrian GrazerとRon HowardのImagine EntertainmentおよびWeed Productionsに設立され、同社は有名なシナリオ作家Akiva Goldsmanが率いる会社です。 この取引には、日本の公共部門や民間部門の支援を受け、日本のIPをハリウッドプロダクションにすばやく翻訳したい会社であるANEWも含まれています。 ANEWは崩壊して売却され、Imagineのオプションは無効になりました。

2018年5月、Donald Tangの不運な中国・アメリカのベンチャーであるGlobal Road Entertainmentとの契約が発表され、Ellen Shanmanがシナリオ作家に設定されました。 販売、生産、金融企業であるIM Globalと米国流通会社であるOpen Roadの合併で誕生した会社であるGlobal Roadは、数ヶ月後の2018年8月に破産し、権利が再びBandai Namcoに返還されました。

藤村は「私たちは、部分的にはこのプログラムが日本外ですでに楽しんでいる人気と認知度と部分的にはユニークな概念のため、英語適応のための強力な属性と見ています」と話しました。 多様性

日本公営放送であるNHKはかつて「虎とウサギ」を最高のアニメに選定し、Netflixは現在2022年4月から放映を開始したアニメシリーズの第2シーズンで成功を享受しています。

「ImagineとGlobal Roadはどちらも長編映画を作成する計画でした。 しかし、ストリーミングが主流になる前のことです。 今SKグローバルはこれをシリーズとして構想している。 開発が進行中で、放送局やストリーマーに提供される予定です。 もちろん、Netflixは候補になることができますが、現在は誰も知りません。

READ  National Peanut Boardと一緒に最高のトーナメントの統計クイズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close