スポーツ

Skiing-FIS、ロシアワールドカップキャンセル

東京、2月25日(ロイター) – ロシアがウクライナを侵攻した後、ロシアで開かれる予定の5つのワールドカップスキー大会がキャンセルまたは延期されたと国際スキー連盟(FIS)が金曜日明らかにした。

ロシアはウラジミール・プーチン大統領の宣戦布告により木曜日の地上、航空、海上で侵攻を開始した。

爆発と銃声が主要都市を揺るがして約100,000人が避難しました。 数十人が死亡したと報告されています。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

「FISは、全参加者の安全とワールドカップの整合性を維持するために、今から2021-22シーズン終了の間にロシアで開催される予定の残りのすべてのワールドカップイベントをキャンセルすることにしました。言った。

「参加者は、今週末に予定されている2回のワールドカップイベント(スキークロスとエアリアル)にすでに現場にあり、FISは関連ステークホルダーと緊密に協力して迅速な帰国を保証しています。」

スキークロスワールドカップとエアリアルワールドカップは、週末にロシアのサニーバレーとヤロスラブルで開催される予定だった。

3月にロシアはニジニ・タギルとチャイコフスキーで2回のスキージャンプワールドカップを開催する予定で、クロスカントリーワールドカップはチュメンで開かれる予定だったが、いずれも開かなかった。

日本スキー協会は金曜日早くロシアで開かれるスキークロスワールドカップ大会で代表チームを撤退すると教徒通信が伝えた。

日本は、ロシアの軍事攻撃がウクライナにさらに深まるにつれて、イベントを放棄するためにオーストラリアやカナダを含む他の多くの国に参加しました。

カナダのスキークロスプレーヤーを管理するアルパインカナダは、木曜日のCBCスポーツに、彼らが大会から撤退し、できるだけ早く帰国便を確保するために探しているとCBCスポーツに語った。

二度のスキークロス予選試合結果公式結果はロシア選手だけ出場したことが分かり、フランス、ドイツ、カナダなどから来たスキー選手たちは「出発しない」と表記された。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

村村さくらとRohith Nairの報告。 Kim CoghillとChristian Radnedgeによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  若い活躍で終盤の流れをつかんヒットセルティックスを下して6年ぶりにNBAファイナル進出 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close