経済

SL、日本の就職機会を狙って学校レベルで日本語を教える – ニュースワイヤー


日本での就職機会を目指して、スリランカは技術科目の流れに基づいて学校レベルで日本語と英語を教え始めます。

Manusha Nanayakkara 労働および外務大臣は、月曜日に学校で行われている技術科目に従って、日本語と英語を教え、看護、接待、建物の清掃、農業の分野でソフトスキルを開発するために内閣の承認を求めた。 日本での就職機会を目指す活動、モーターメカニズム、電気、電子メカニズムなど。

「スリランカ政府と日本政府の間に締結された了解覚書によると、スリランカインは技術現職研修生として雇用を申請することができ、プログラムによって特殊技術を備えた14の分野に雇用されることができます。 日本語能力は目的に不可欠な資格であり、さまざまな段階で実施される試験で正確に資格を持たなければなりません」と政府情報部は言いました。

日本政府は労働力不足に直面し、2019年外国人労働者を誘致するために「特定機能労働者」という新しいビザを新設した。 2023年度末までに最大345,000人の外国人労働者を監視する計画です。 これまで、感染症関連の国境管理の大きな影響により、約64,730人の外国人労働者を引き付けました。

国家の外国為替危機に対する解決策として、政府はより多くの人々を海外、特に日本、韓国、ヨーロッパ諸国に熟練労働者に送ることを計画している。


READ  「Apple PayのPASMO」を紹介バス利用者のためのサービスも充実 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close