エンターテインメント

SMエンターテイメント、日本初のショーケース「SYNK」エスパ

6月はSMエンターテイメントのガールズグループaespa、特にMYs(aespaファン)にとってより良い月のようです。 ガールズグループは2022年5月大学祭で女子学生たちにセクハラに遭う事件が発生し、大変な5月を過ごした。 所属事務所と学校はオンライン上で少女たちの安全と安全を守ってくれなかったファンの激しい反発に包まれ、ファンたちは論議から手を離しているようだ。 以後、エスパはフォーブスジが選定した「30歳以下30歳」の名簿にも名前を挙げ、2022年Kポップグループでは唯一名前を挙げた。

6月1日、所属事務所SMエンターテインメントはエスパメンバーたちに代わって2022コチェラ舞台で披露したシングルの発売を控えているというニュースを伝えた。 エースパはGOT7に続く最初のKポップガールグループであり、総合的には2番目のグループで国際レコード会社であるワーナーレコードと専属契約を締結したと明らかにした。 ラベルは、4人組のガールズグループがまもなくグローバル化されることを示唆するespaの国際活動を管理します。 今SMエンターテインメントは、espaがファンのための特別な日本のショーケースも開催すると発表しました。

もっと読む

Aespa、「Life’s Too Short」発表、Kポップガールズグループ初のワーナーレコードと手をつける

TIMEの後、aespaはForbes 30 Under 30 Asia 2022に進出し、ファンは「影響力」と言います。

espa、ファンのための日本のショーケースを開催

SMエンターテインメントは、エスパが来る7月の最初のミニアルバム「ガールズ(Girls)」でカムバックすると明らかにした。 また、メンバーたちは6月初の英語先行公開シングル「Life’s Too Short」を発売すると発表した。 この曲は、今年初めにコーチェラの舞台でespaによって最初に演奏されました。 aespaの新しいアルバムには、「Black Mamba」や「Dreams Come True」などの古いヒット曲を含む合計11トラックが含まれます。 2022年8月、SMエンターテインメントがグループメンバーの初の日本ショーケースを開催すると明らかにしただけに、今回のカムバック以後、グローバルソロイベントも準備中だと見られる。

SMエンターテインメントは、エスパが8月6日と7日の両日、日本横浜ピアアリーナMMで初の日本公式ファンミーティング「aespa JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022~SYNK~」を開催すると明らかにした。 syncは、彼らのデビューミュージックビデオ「Black Mamba」で初めて公開されたaespaのMultiverse UniverseにあるソーシャルメディアプラットフォームであるInstagramの名前です。

2020年にデビューしたaespaは「Black Mamba」、「Next Level」、「Savage」など3つのシングルチャート1位を発表し、他のコラボレーションやカバー曲と共にグローバルファンに大きな好評を受け、新人ガールズグループが誕生した。 キャリアの初期にグローバル空間に進出しました。 エスパは7月8日、2枚目のミニアルバム「Girls」でカムバックする。

READ  iOS14.2で使用できる絵文字増加したが、... "ゴキブリ"追加悲鳴が "奴がいるから一生更新することができない」:J-CASTニュース[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close