SMエンターテインメント、エイベックスグループ、ユニバーサルミュージックジャパンと合弁会社設立

Estimated read time 1 min read

SMエンターテインメント(以下SM)が日本国内のデジタル音源事業強化のために合弁会社を設立した。

SMイ・スマン代表は去る4月30日、エイベックスグループホールディングス林シンジCBO、藤倉直志ユニバーサルミュージックジャパン代表に会って合弁会社「エブリッシングジャパン」設立記念式を行った。

SMとエイベックス・ヴァンガード(AVI)、ユニバーサルミュージックジャパンが3社の強みをもとに、デジタル音楽分野でより革新的で差別化されたサービスを提供するために、来る5月合法合弁会社「everysing Japan」を設立する。

SMは現在'everysing Japan'の最初のプロジェクトの一つとしてカラオケアプリケーション'everysing'を来る9月日本発売を準備中だ。

everysingアプリケーションを使用すると、曲や録音はもちろん、オーディション参加、録音ファイルをSNSアカウントに共有することもできます。 現在、国内グーグルプレイで最高のカラオケアプリ1位を占めています。

藤倉直志代表は「エブリッシングジャパン」設立について「「エブリッシング」を日本に拡大し、自社の豊かな音楽レパートリーを人々のライフスタイルに合わせて活用し、新しい形態のエンターテイメントを提供できるようにする」と話した。 。 多くの方々の期待に応えることができるサービスを提供できるよう、SM、AVIと共に頑張ります。

エイベックスグループホールディングスの林シンジCBOは「「everysing Japan」設立により、3社は現在の社会の流れに合わせて新しい事業計画を構築できるようになった」と明らかにした。 日本だけでなくアジア全体、世界をターゲットとする「everysing Japan」に多くの応援をお願いする」と伝えた。

SMイ・スマン関係者は「デジタルミュージックアプリケーション「エブリッシング」は日本市場にコンテンツを提供するだけでなく、コンテンツとプラットフォームを結合して新しい創造的なビジネスモデルを作り出す事例になるだろう」と話した。新しい文化プラットフォームで成功し、アジアの新しいデジタルライフスタイルを創造できるように共に協力していく」と話した。

イ・スマン氏は富士ジュラ・ナオシ、ハヤシシンジと事業的な問題を議論した後、セウォル号沈没惨事についても言及し、二人は1000万円を寄付することに決めた。

SMイ・スマン代表がユニバーサルミュージックジャパンとエイベックスグループホールディングスの寄付金を大韓赤十字社に伝達して沈没旅客船被害者と家族を助けるために使われる予定だ。

一方、SM、エイベックス・ヴァンガード、ユニバーサルミュージックジャパンは、日本カラオケアプリケーション「everysing」発売の他にも、新しいデジタル事業のための協力を続けていく予定だ。

写真提供:SMエンターテイメント

記者:キム・ジヨン([email protected]
[Any copying, republication or redistribution of www.enewsworld.com‘s content other than for personal uses is expressly prohibited without prior permission from enewsWorld. Copyright infringement is subject to criminal and civil penalties.]

[Hot News You Should Know]
– イ・スマン、SMエンターテイメントとセウォル号被害者に10億寄付
– EXOペク・ヒョン、SMミュージカル「シンイン・インレーン」出演
– SM、EXO「過剰服用」流出関連刑事告発
– SMイ・スマンLA不動産不法購入疑惑否認
– スーパージュニア東海「『神のクイズ4』演技にリュ・ドクファンが大きな助けになった」

READ  本から:「一人称」 - デッドファンユーモア、ゆったりとした運命論
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours