経済

SMBC Nikkoの主張された株式操作は組織的かもしれません。

SMBC Nikko Securities Inc.の株式操作の疑いは、いくつかの部分に関連しており、会社の従業員4人が逮捕された後に組織的な不正行為があった可能性があると調査ニュースが土曜日に明らかにした。

会社持分実装をはじめとする職員4人は、2019年12月から2020年11月まで、東京証券取引所1区域で個別5種目の株価下落を防止するため買い注文をするなどの行為をした疑いを受けている。 消息筋は言った。

近藤雄一郎SMBC日光社長は「証券会社として市場の信頼を揺るがす事件を起こした点について深い残念を表わす」と謝罪した。

近藤会長は、東京で開かれた記者会見で「投資家と市場参加者に深く謝罪する」と話した。 彼は内部管理システムが違法行為を防ぐのに十分ではなかったことを認めたが、辞任は否定した。

彼は「まず状況を正確に把握し、把握して改善策を設け、信頼回復に最善を尽くすのが私の責任」と話した。

4人の容疑者は、大株主が会社の持分の相当部分を売却する際に使用する「ブロック公募」という取引に関与したことが分かった。

証券会社はしばしば取引時間に加えてそのような株式を購入し、関心のある投資家を招待して買います。 購入価格と販売価格の違いが利益になります。

検察は金曜日の株式操作の疑いでSMBC日光証券の東京本社を押収捜索した。 | 刑務所

消息筋によると、SMBC日光のグローバル金融商品およびソリューション部門は、機関投資家と企業が持分売却を希望するときに優先的に要請に応じる。

その後、セクションは、取引日や取引割引などの株式取引セクションとともに一連の手順を作成します。

だが今回の事件の場合、株式売買課がこのような約定に加担しただけでなく、自ら資金で株式を買い取り、株価を維持しようとするなど株式操作まで加えた疑いを受けていると消息筋は伝えた。

日本証券会社は、事件を調査するために3人の弁護士で構成される調査パネルを構成したとKondoは言った。

容疑者は、トレバーヒル(51)会社株式部門長、アレクサンドレ・アバキアンツ(Alexandre Avakiants、44)次長、山田誠(44)株取引部門長、岡崎新一郎(56)株主責任者だ。 グローバル金融商品およびソリューション部門の前身である商品ソリューション部門。

消息筋によると、4人は自発的な調査でこれらの動きが合法的な取引であり、株価を支持する意図がないと主張しながら疑いを否定した。

金融商品および交換法に違反した株式の操作は、最大10年の懲役または最大1,000万円($ 87,160)の罰金またはその両方に処せられる可能性があります。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  タイは、米国が通貨の監視リストに維持した後、幅広い経済的影響を期待していません。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close