トップニュース

Snow Manの「Orange Kiss」、Japan Hot 100 – ビルボード1位

Snow Manの「Orange Kiss」は7月20日付ビルボードジャパンホット100で1位に上がり、発売された850,692枚のCDが販売され、これまで2022年初週販売量のうち最も多い販売量を記録しました。

Johnnyボーイバンドの7番目のシングルは、今週の実際の販売、閲覧、ラジオ放送を支配するとともに、ビデオ視聴数(4位)とTwitterの言及(8位)でも良い成果を収めています。 9人組グループの新しいアルバムは前のアルバムより40,000枚以上増加した「Brother Beat」は初週に809,082枚を販売し、4月に1位を記録し、その間に少年たちが着実にファン層を拡大していることを証明します。

OCHA NORMAの「Koi no kurauchingu sutaato」がJapan Hot 100で2位になりました。 Hello!のメジャーラベルデビューシングルです。 プロジェクトの10人組アイドルグループは92,695枚を売って販売量2位を記録し、ラジオ13位、ダウンロード15位、閲覧25位、Twitter48位を記録しました。

https://www.youtube.com/watch?v=V5KzwNFox3I

先週の1位曲であるHIGE DANDism公式「Mixed Nuts」と準優勝のSEKAI NO OWARIの「Habit」の激しい競争が今週も続き、最近の集計で後者が3位を占めました。 「Habit」はダウンロードと動画でより良い成果を収めましたが、7週連続1位を占めた後、動画部門では2位に押されました。 NiziUの「CLAP CLAP」は3,027,385の視聴数で1位を、「Habit」は約10,000の視聴数差である2,989,729の視聴数を記録しました。

Billboard Japan Hot 100は、実際の販売とデジタル販売、オーディオストリーム、ラジオ放送、Twitterメンション、YouTube、GYAOを組み合わせています! ビデオ再生回数、Gracenote再生、カラオケデータ。 ここで、7月11日から17日までの週を集計したビルボードジャパンホット100チャート全体を見てください。

READ  さらにプラン9コブワンサン教訓、爆ノ介が登録6人体制で!町プリントでは活動せず - ナタリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close