Soccer-Japanは、ナデシコサッカーを再び地図に載せたと自慢の監督が語った。

1 min read

このSALTWIREビデオの下で物語が続きます。

WaltとWillieは、Yarmouth先輩と一緒に動物の喜びを広めます。 ソルトワイヤー

YouTubeで見る:「WaltとWillieはYarmouthシニアと一緒に動物の喜びを広めます| SaltWire」

オークランド(ロイター) – 日本はナデシコサッカーを世界地図に再び載せるという使命を抱いて女子ワールドカップに進出し、池田二監督は金曜日スウェーデンの8強戦脱落にもかかわらずそうしたと感じました。

2011年ワールドカップ優勝国で4年後、米国に準優勝国である日本は2015年大会で16強で不振し、2021年ホームオリンピックでは8強戦でスウェーデンに敗れました。

池田は記者たちに「私たちはすべての試合に勝ってこの段階までようやく通過した」と話した。

「私は今回のワールドカップでチームが成長し、選手たちが成長するのを見て、私たちは世界舞台で日本のなでしこサッカーを見せることができました。本当です。

「私たちも今回の試合で負けました。それも本当ですが、今回のワールドカップと選手たちがやったことを肯定的に評価しなければなりません。誇りに思います」

若い日本チームは過去8強戦を控えて明るく軽快なサッカーでトーナメントに火をつけました。 ハイライトは、グループリーグの最終戦でスペインを4-0で破ったものです。

彼らは金曜日にエデンパークで窒息するプレッシャーで1時間以上ミッドフィールドを閉鎖した後、日本がついに後半の段階でリズムを見つけたとき、2-1勝利のために耐えたスウェーデンの形で障害物を打ちました。 。

池田選手は「選手たちが最後まで一生懸命戦った」と付け加えた。 「彼らは彼らが持っていたすべてを捧げました。選手たちはあごを持って、彼らがここでしたことを誇りに思うべきです」。

競技後選手たちに何と言うかという質問に池田監督は再び日本女子競技復興というテーマに戻った。

続いて「もちろん後に今回のワールドカップの話もしたが、それ以上になでしこサッカーがまだ生きているという事実を話した」と話した。

(シドニーのニック・マルベンニー記者、ケン・フェリス編集)

READ  無敗のSol OriensがG1デビューでSatsukishoに勝った。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours