トップニュース

SoftBank、日本の個人にコロナウイルステストサービスを提供

ソフトバンクグループ(SoftBank Group)は、水曜日に、携帯電話サービスプロバイダが提供するアプリを通じ、日本の個人にコロナウイルステストサービスを提供しており、これは医療技術事業に対する投資家のより広い野心を示して動きます。

このグループは、昨年、日本Takara Bioのキットと東京、北海道の横にある千葉県の試験設備を使用して、企業や地方政府に唾液ベースポリメラーゼ連鎖反応テストサービスを提供し始めました。 この施設は、日本で民間部門で最大のコロナウイルステスト容量とみなされる日13,000件のテストを処理することができます。

ソフトバンクはプレスリリースで、個人にサービスを拡大することにより、「より多くの人々がPCR検査をより安価で簡単にできるようにしたい」と述べた。 1人のキットは送料とテストのコストが含まれている5,500円($ 52)です。 ご注文は5月まで受け付けます。

最初は東京を含む6つの県に制限されます。

個人はソフトバンクモバイルの子会社であるソフトバンクが7月に発売したスマートフォンアプリヘルポで試験日を予約する必要があります。

結果は、アプリを介して提供されます。 結果が「陽性の疑い」であれば、公式の診断を下すことができる病院の情報を提供しています。 結果を受けた後も、ユーザーはチャット機能を使用して、医師や看護師と継続相談することができます。

ソフトバンクは、企業のアプリを提供しているが、個人にテストを提供するのは今回が初めてだ。 テストサービスを購入した方には、6月までにアプリサービスが無料で提供されます。

READ  巨人菅野「嬉しい」松井より8番目月間MVP - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close