スポーツ

SoftBank、日本の年間純利益450億ドルの記録

投資大手ソフトバンクグループ(Softbank Group)は、水曜日年間純利益458億ドルを発表し、これは日本企業史上最高水準であり、昨年の記録的な損失を回復するための技術のシェア上昇の補償を収めました。

通信会社からの投資に変わった大物である同社は、1000億ドル規模のビジョンファンドを通じて、シリコンバレーの有名企業とAIでバイオテクノロジーに至る最も人気のある新しいベンチャー企業にお金を注ぎ込みました。

ソフトバンクは声明で、「会社が投資戦略に集中する技術部門は、伝染病を解決するためのデジタルサービスを採用加速に肯定的な影響を受けた」と明らかにした。

「しかし、現在の肯定的な影響が伝染病に関連する不確実性に照らして持続する保証はありません。」

2020〜21年の純利益は4.99兆円(458億ドル)で、独自の目標を超えて、世界で最も収益性の高い企業のランキングに上がった。

2019-20年SoftBankは問題があるオフィス共有スタートアップWeWorkへの投資による伝染病が開始され、最悪の純損失を記録しました。

しかしCovid-19封鎖の影響が大きく、ガラス解約ながら高速の利益を獲得しました。

ソフトバンクがサポートする韓国の電子商取引大手クパンは、3月閉鎖期間中に、人々がオンラインショッピングをするために殺到し、企業公開(IPO)で40億ドル以上を調達しました。

Vision Fundの米国の食品配達アプリでDoorDashの株式価値も、12月IPO以降大幅に上昇しました。

– 「黄金の卵」 –

ウォールストリートの技術株価急騰し、その投資は、特にビジョンファンドの株式の7.53兆円の連結売上高を上げた大企業は言った。

フォーブスによると、日本で最もリッチな孫正義CEOは今年2月のビジョンファンドを「金の卵を産むガチョウ」と賞賛した。

SoftBankの投資大物に変貌させたSonは時折困難を経験する新興企業への彼の献身への批判と戦った大規模な資産売却プログラムの疑問を取る着席ました。

Tokai Tokyo Research InstituteのアナリストであるMasahiko IshinoはSoftBankが太陽に照らされながら干し草を作るべきだと言いました。

彼は収入のレポートを控えAFPとのインタビューで「「今収穫するとき」が正しいフレーズのかは分からないが、今は3〜4年前に会社の投資後の実績を見るには良い時期というのは事実です。。

彼は「(ソフトバンクの強力な成果)の背後にある大きな要因は、急増する米国および世界市場です。ソフトバンクが投資した多くの企業が米国に上場されているので、強力な動力です。 “

Ishinoは2008-9年の金融危機以降、ウォールストリートの総市場価値が雪だるま式に増えて所定の「投資収益率を得ることができる機会が大きくなった」と述べた。

SoftBankは、ここ数年の間に、カリフォルニア州に拠点を置くUberで、中国のDidi Chuxing、シンガポールのGrabおよびインドのOlaに至るまで、世界中の車のサービスプラットフォームに多くの投資をしました。

1月にSoftBankはUberの主要株主で残っているが、米国の乗用車大手価値が急騰した後、20億ドル相当の株式を売却すると発表しました。

先月、日本のグループは、倉庫自動化技術を開発しているノルウェーのロボット会社AutoStoreの株式40%を28億ドルで買収すると発表した。

nf-kaf /日

READ  Dom Rep、Volleyball Nation」s Leagueで日本との大勝に復帰

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close