技術

SoftBankが日本で5G MECを構築開始

SoftBankは先週、Kanto地域に5G MEC(Multi-access Edge Computing)サイトを開設し、2022年5月から日本でMECサーバーの全国展開を開始したと発表しました。

SoftBank 5G MECは、SoftBankが2021年10月に日本で初めてリリースを開始した5G SA(5G Stand Alone)商用サービスを使用して、低遅延、高品質(低ジッタ)、および高いセキュリティサービスの経験を提供します。 ソフトバンクは、Beyond 5G時代のデジタルプラットフォームプロバイダーとして、さまざまな企業のDX(Digital Transformation)を促進し、Digital Twinを実装して社会的問題を解決し、産業の発展に貢献するよう努めます。

これまでは、ユーザがアプリケーションやサービスにアクセスする際に、ユーザデバイスから相対的に離れているアプリケーションサーバへの通信経路が設定されていた。 SoftBankの5G MECは、5G SAネットワーク内のユーザーデバイスに近いアプリケーション展開により、顧客がサーバーアクセス時間を大幅に短縮する高速で低遅延のサービスを体験できるようになりました。

SoftBankの5G MECプラットフォームは、アプリケーション開発のための事実上の標準であるKubernetes * 3ベースのコンテナ環境を提供します。 物理インフラストラクチャの設定からアプリケーションのデプロイおよびデプロイまで、5G MECサイトが自動化されます。 これらの機能は、5G MECプラットフォームのアプリケーションを耐障害性を高め、アプリケーション開発者とアプリケーションプロバイダ(SaaSプロバイダなど)の両方に複雑さを軽減しながら、より迅速なサービスロールアウトを可能にします。 これにより、緊急通知(自然災害発生時の送信)、建物内のIoTベースのネットワーク展開、工場自動化、マルチユーザーネットワークゲーム、自動運転など、さまざまな産業サービスが向上します。

SoftBankは、SoftBank 5Gコンソーシアムの参加企業や組織、その他のパートナーとともに、さまざまなユースケースの技術証明を推進しており、5G MECの全国展開を推進しています。 また、SoftBankは、5G MECとSRv6 Flex Algo*4およびSRv6 MUP(SRv6 Mobile User Plane)*5を統合し、個々のカスタマーサービス要件に応じて仮想ネットワークを提供するネットワークスライシング、5G MECの機能を活用する遅延サービス。

Keiichi Makizono、SoftBankの上級副社長兼最高情報責任者(CIO)
今回の5G MEC構築はSoftBankの主要マイルストーンです。 SRv6 MUPとネットワークスライシングとの互換性は、運用機能の自動化とともに業界固有です。 パートナーと協力して、5G MECソリューションの機能を活用して、完全なデジタルプラットフォームプロバイダーになるためのマルチ産業エコシステムを開発します。

READ  日本の日経、香港のハンセンは、強力な枚数で優位

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close