スポーツ

SoftBankの息子は日本にクパンサービスを提供することを検討しています。

ソフトバンクグループ(SoftBank Group Corp)の孫正義(Masayoshi Son)CEOは、同社が韓国の電子商取引企業であるクパン(Coupang)のサービスを日本に取り込むことを考慮していると明らかにした。

ソフトバンクがサポートしているクパンは今月初め、米国最大の公募で約46億ドルを調達したが、これは24時間以内に配信を約束する「ロケット配信」サービスで、韓国で大きな人気を獲得しました。

「私たちは、ヤフージャパンの従業員と、それについて議論している。我々は、日本でもできるかどうかを検討し始めた」と月曜日遅くテレビのインタビューで、手は言った。

ソフトバンクは、1990年代にヤフージャパンのWebポータルをローンチし、最近ソフトバンクビジョンファンドのポートフォリオ会社であるPaytmの技術を使用している決済アプリPayPayの急速な拡大を含む、日本に外国の技術を輸入した歴史があります。

ソフトバンクは火曜日の声明で孫の発言は、クカビ、日本で発売されることはなく、クパンに同様のサービスを提供することを考慮していることを意味すると述べた。

インターネットビジネスヤフージャパンの親会社であるZホールディングスの広報担当者は、同社がこのようなサービスの導入を積極的に考慮していないと述べた。

SoftBankのVision Fundは、日本市場へのゲートウェイを提供するために、潜在的な投資に自分自身をマーケティングします。 Z Holdingsは今月チャットアプリ事業者であるLineとの合併を完了しました。

今月初めクパンのニューヨークデビューで注目を集めたねじり以降1000億ドルビジョンファンドの価値の回復が強調されました。 ソフトバンクは、時価総額が790億ドルであるクパンの持分37%を保有している。

Z Holdingsは、AmazonやRakutenと競合する電子商取引の主要拡張の一部であるPayPay Mallショッピングサイトを運営します。

(Sam Nusseyジャーナリスト、Lincoln FeastとStephen Coates編集)

READ  レッドブルF1 "競争力のあるエンジンがなければF1撤退もある」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close