経済

softbank: 日本の在庫はOmicronの恐れとの低下の終わり、SoftBankの低下

東京 – 月曜日の日本証券市場は、オミクロンCOVID-19株の影響に対する懸念が技術株式の上昇を相殺し、ソフトバンクグループが損失を主導して下落傾向に締め切りました。

日経平均株価は0.37%下落した28,676.46で締め切り、トピックは0.45%下落した1,977.90でシートを締め切りました。

グローバルテクノロジー投資家であるSoftBank Groupは、Credit Suisseが米国の裁判所を通じて情報を探しているというニュースに2.96%下落した。

立花証券リサーチ部門の神田重智市ジェネラルマネージャーは「私たちは国内外で市場を動かすイベントがなく、多くの人々が依然として市場から離れており、積極的な賭けをするのは難しい」と話した。

東京証券取引所マザーボードで取引される株式の取引量は7億8000万株で、30日平均11億9000万株に比べて大きく増えた。

「このような状況では、投資家はチップに関連する特定のグループの株式に賭けることにしました。他の株式はオミクロンの恐怖を理由に売却されました」とKamada氏は付け加えました。

技術者は、チップ関連の東京エレクトロンとアドバンストがそれぞれ2.09%と0.83%上昇し、上昇しました。 ゲーム会社ソニーグループは0.67%、医療機器企業テルモは0.47%上がった。

一方、日本で伝染性の高い変種事例がより多く発見され、小売業者は打撃を受け、より厳しい規制がファンデミックからの経済回復を遅らせることに対する懸念を呼び起こしました。

Uniqlo衣料品店の運営会社Fast Retailingは1.75%下落し、Nikkeiで最大の下落を示しました。

ホームインテリア用品小売業者であるNitori Holdingsは6.53%、無人洋品小売店であるRyohin Keikakuは1.59%下落しました。

日経指数には50人の相乗員があり、169人の下落者がありました。

READ  SIMフリースマホ「moto g8 "と" moto g8 power "、" moto g8 plus」、「moto g7 plus」が楽天スーパーDEALで最大30%ポイント還元中

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close