技術

SoftBank COO Marcelo Claure、給与問題に退社技術

日本のソフトバンクグループ(SoftBank Group Corp)は、金曜日に最高運営責任者(COO)のマルセロ・クロア(Marcelo Claure)が一連の世間の注目を集めた後、技術投資家を去ると明らかにした。

この問題に精通したある関係者は、この問題が機密であるため、匿名を要求しながら創業者でありCEOである孫正義と年俸問題で葛藤を借りた後に出たものだと話した。

Claureの代理人であるMichelle Combes(フランスの元通信経営者)は、SoftBank Group InternationalのCEOに任命されたとSoftBankは語った。

2020年に1,700万ドルの給与パッケージを受け取った後、すでに技術大企業で最高の年収を受けているエグゼクティブの1人であるClaureは、数ヶ月間SoftBankを去るために交渉中であり、すぐに独自の投資会社を設立することができると以前の報道にによると。

ソン・フンミンは外国人材を誘致するために喜んでお金を支払う容疑があることを恥ずかしくはないと考えていましたが、彼は最高経営陣への多くの支払いが投資家たちの眉をひそめる国で上場された日本企業を率いています。

ワイヤレス通信事業者Sprintやオフィス共有会社WeWorkなどの汚れた投資を整理するためにSoftBankで数年を過ごしたClaureは、数年にわたって数十億ドルの報酬を受け取ると予想していましたが、Sonはそれよりはるかに少ない金額を支払おうとしました。 、その人が言った。

ソン・フンミンは、クロアが既存の給与よりもはるかに多くの給与を受ける可能性のある構造について議論したが、書面で約束しなかったため、クロアと衝突して差し迫った辞任決定を下した。

SoftBankとClureは、この問題に対するコメント要求に応答しませんでした。

ソフトバンクの最高意思決定者の一人であるClaureとVision Fundの責任者であるRajeev Misraの辞任は、誰が64歳の孫興民を継承するのかについての不確実性を強調しています。

東京は大規模な個人投資家基盤と通信事業者SoftBank Corpの株式で上場されていますが、主にVision Fundユニットを通じた技術投資に重点を置いています。 ロンドンとカリフォルニアに支店を構えるSoftBankは、Sonの性格を中心に展開されます。

Googleの元最高経営責任者であるNikesh Aroraは、2014年にSoftBankに加わり、最終的にSonの後ろに続きましたが、SonがSoftBankを引き続き運営することを決定した後、2016年に出発しました。

「衝撃制限」

Redex HoldingsのアナリストであるKirk Boodryは、「ClaureがVision Fundの外で主に働いているため、SoftBankの全体的な展望への影響は限られています」と述べた。

Boodryは、「彼らはラタム投資に対する彼の専門性と米国ベースのソルバーとしての専門性を見逃すでしょうが、後者は定量化するのが難しい」と述べた。

「みんなのための幸福」を作るグループの使命に対するSonの高騰捜査によって枠をつけられましたが、SoftBankは投資家が席を置き、争奪戦を繰り広げている間、推進力のある取引成果および職場政治で有名になりました。

Claureの退社は、Vision FundのDeep NisharとJeff Housenboldを含む過去数年間、SoftBankからの一連の上級レベルの離脱に追加され、後者は報酬の理由で去りました。

後継者としても指摘された事故勝則グループ最高戦略責任者(CSO)は昨年辞任した。

ボリビア生まれの億万長者Claureは、日本大企業が2014年に自社のBrightstarを買収した後、SoftBankで昇進し、最終的にT-Mobile US Inc.と合併したSprintの最高社長になりました。

Claureはまた、2019年にSoftBankの最初の50億ドルのラテンアメリカファンドをリリースしました。 当時、この地域のスタートアップのための大きな小切手に署名したお金が多い投資家はいませんでした。

ボリビアのサッカーチームであるクラブボリバルを運営し、WeWorkの会長を務めています。

READ  デルタ懸念にもかかわらず、アジア市場は引き続き堅調

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close