SoftBank Corp.、富士通の分離型光伝送システムを活用し、日本の主要地域の全光ネットワークを全国的に拡大

Estimated read time 1 min read

世界初の水冷式技術を適用したオール光ネットワークで電力消費を最大90%まで削減できるグリーンネットワークを実現

ソフトバンク(株)、富士通(株)

東京、2023年11月10日

FujitsuとSoftBank Corp.(「SoftBank」)は、今日、SoftBankが10月26日に分離型アーキテクチャを使用して、日本全体の光ネットワークの中核地域に全国的に構築を完了したと発表しました。 1) 富士通の次世代光伝送プラットフォーム「1 FINITY Ultra Optical System T900」(以下、1FINITY T900)をはじめとするオープンネットワークをサポートする光伝送システムです。 FujitsuとSoftBankは、この計画を通じて環境への影響が少ない通信インフラを構築することで、より環境に優しいネットワークの実現に貢献することを目指しています。

全光通信網は、通信網全領域にわたって光技術を活用する通信網である。 富士通の次世代光伝送システムを活用することで、新ネットワークは以前のネットワークに比べて最大90%の消費電力削減を実現します。 2) すべての光学技術と互換性のある機器と接続し、液体冷却技術を適用して既存の機器と接続することで、最新の光電変換技術で従来の機器に比べて消費電力を約50%削減 2)。 このように、持続可能なネットワークは、どの接続環境でも高いエネルギー効率を可能にします。

FujitsuとSoftBankは、一対の光ファイバーを使用して通信性能をさらに向上させ、最大48.8Tbps(従来比約2倍)の高容量および高速伝送を達成しました。 2) ネットワーク)。

ソフトバンクは、新しい光伝送システムの導入を通じて、Beyond 5G/6G技術を基盤に、将来のネットワークを予想し、日々増加するデータ通信需要を満たすとともに、炭素中立を達成するネットワーク構築を目指しています。

今後も富士通とソフトバンクは、最先端の技術を活用して社会問題解決に貢献し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献します。

ソフトバンクが披露した光伝送システムの主な特徴

1. 光ネットワークとIPネットワーク全体の融合

SoftBankのIPルーターは長距離コヒーレント(Coherent)機能を搭載しています。 サム) SoftBankの要件を満たすために富士通が新しく開発した1FINITY L211を使用して接続された光トランシーバ(DCO)。 これにより、光伝送システム内で光電変換なしですべての光接続が可能になります。 その結果、消費電力が最大90%減少しました。 また、両パートナーはソフトバンクのSRv6(セグメントルーティングIPv6)などのIPネットワーク技術を活用して、全体の光ネットワーク全体の業務であるルーティング規模(拡張性)を解決し、柔軟なネットワークを実現した。

2. 閉ループ液体冷却技術の導入

富士通の1FINITY T900は世界初のシステムです。 4) 光伝送システムに液体冷却技術を適用し、すべての光ネットワーク機器に接続しにくい既存機器に接続する場合でも、環境性能を大幅に向上させる。 その結果、従来の空冷式技術に比べて2倍高い冷却効率を実現する。 2RU(ラックユニット)サイズのエンクロージャに最新の12個のコヒーレントユニットを取り付けると、システムは36個の400GbEを収容できます。 SoftBankが使用する既存の機器と比較して、ストレージ密度は4倍高く、消費電力は約50%減少します。 さらに、装置のすべての冷却構造に対応する閉ループ液体冷却技術は、施設の改造の必要性を排除し、予想寿命が20年で信頼性が高く、メンテナンスフリーのシステムを提供します。

3. 分離 C+L ROADM アーキテクチャ

伝送に使用される波長帯域は通常Cバンド、Lバンド、波長帯域に分かれてきました。 富士通の新しいシステムは、2つの波長帯域を同時に処理することができ、光ファイバーペアあたりの帯域は既存の機器の約2倍に拡張されました。 2)。 また、分離型C+L ROADMアーキテクチャにより必要に応じてシステムアップグレードが可能で、後でCバンドのみオープンした後にLバンドを追加することができ、通信トラフィック需要に合わせて柔軟な機器構成が可能です。 追加の追加機器なしで低消費電力と投資効率を備えた柔軟なネットワークを提供します。


関連リンク

  • SoftBankの名称およびロゴは、日本およびその他の国におけるSoftBank Group Corporationの登録商標または商標です。
  • このプレスリリースに記載されている他の会社名と製品またはサービス名は、それぞれの所有者の商標です。

富士通について

富士通の目的は、イノベーションを通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能にすることです。 100カ国以上のお客様が選択したデジタルイノベーションパートナーとして、当社の124,000人の従業員は、人類が直面している最大の課題を解決するよう努めています。 当社のさまざまなサービスとソリューションは、コンピューティング、ネットワーク、AI、データとセキュリティ、融合技術という5つの重要な技術に基づいており、持続可能性の革新を提供するためにこれらの技術を統合しています。 Fujitsu Limited(TSE:6702)は、2023年3月31日に終了した会計年度に3兆7千億円(米ドル280億ドル)の統合売上を記録し、市場シェアベースで日本最高のデジタルサービス会社として残っています。 詳しくはwww.fujitsu.comをご覧ください。

ソフトバンクについて

SoftBankグループの企業哲学である「情報革命 – 皆のための幸福」に基づいて、SoftBank Corp.(東京証券取引所:9434)は、日本と世界中で通信およびIT事業を運営しています。 2023年3月締め切り会計年度にソフトバンク株式会社は売上5兆9,120億円、営業利益1兆602億円、純利益5,314億円を記録しました。 ソフトバンクは、強力なビジネス基盤と数多くの顧客接点に基づいて、「Beyond Carrier」の成長戦略に従って、非通信分野に事業を拡大するとともに、通信事業をさらに成長させています。 また、AI、5G/6G、IoT、デジタルツイン、HAPS(High Altitude Platform Station)ベースの成層圏通信など、非地上ネットワーク(NTN)ソリューションやその他の先進技術を最大限に活用し、SoftBank Corp.は目標を達成します。 「デジタル社会の発展に必要な次世代社会インフラを提供する企業」になります。 ESGイニシアチブが認められ、SoftBank Corp.は、2022年のDow Jones Sustainability World Index、FTSE4Good、2023年のMSCI Japan ESG Select Leaders Index、Empowering Women Index、およびその他の主要なグローバルESG投資指数に含まれるように選ばれました。 詳細については、次をご覧ください。 https://www.softbank.jp/en/

プレスコンタクト

富士通株式会社
広報・投資家関係部門

お問い合わせ


ここに記載されているすべての会社または製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。 このプレスリリースに記載されている情報は発行時に正確であり、予告なく変更されることがあります。


日付: 2023年11月10日

都市: 東京、日本

会社: ソフトバンク(株)、富士通(株)

READ  気候変動に対処する技術はすでにここにあります。 今すぐ急速な投資とサポートが必要です。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours