経済

Sony、「Xperia 5 II」の商品化を発表! 今秋以降発売予定 – iPhone Mania

ソニー9月17日、5G対応の新型スマートフォン「Xperia 5 II(Xファイブマプロダクツ)」を商品化すると発表しました。2020年秋以降発売される予定です。

高性能ディスプレイを搭載

ディスプレイ

Xperia 5 IIのディスプレイは、約6.1インチそして、今年発売のXperia 1 II(約6.5インチ)よりもコンパクトになり、HDR対応の有機ELディスプレイを搭載しています。 アスペクト比が21:9のために特に映画やミュージックビデオの視聴が優れています。

ソニーが販売しているTV「ブラビア」で培った画像処理技術によりSDRの映像をHDR相当の画質で表示ある「HDRリマスター」機能を搭載しているので、HDRサポートしていない動画を見る時も、従来よりも美しく表示することができます。

3目のカメラを採用

カメラ

リアカメラは3目のカメラを採用しており、すべて35mm判換算の焦点距離24mmの標準レンズ(F1.7)、70mmの望遠レンズ(F2.4)、16mmの超広角レンズ(F2.2)を搭載しています。 超広角レンズと望遠レンズを装着して、室内などの画角が制限される場面など様々なシーンに対応可能レンズ構成となっています。

有効画素数は、すべてのレンズから約1,220万画素の標準レンズは、1 / 1.7 “の大型センサーを搭載しているので、暗いところでの撮影も得意なモデルとなっています。

本格的な撮影も可能

写真

Xperia 5 IIは、SonyがSLRカメラ「α」シリーズで培ったオートフォーカス(AF)機能、AE(自動露出制御)機能が搭載されており、AIによって被写体の「目」に焦点を当て機能を持っています。

毎秒60回AF / AE演算を行うことで、動く被写体にAF / AEを継続しながら、最大毎秒20フレームの高速連写を実現しているので、子供や動物など動きのある被写体にも、シャッターチャンスを逃さず撮影できます。

メインカメラはZEISSレンズを搭載して撮影アプリ「Photography Pro」では、マニュアル露出と撮影モードダイヤルによるシャッタースピード優先モードなどの設定、ホワイトバランス、ISO感度を変更することができ、本格的な撮影にも対応可能です。

また、動画撮影では、世界初の24K HDR品質で毎秒120フレームのスローモーション撮影に対応しています。

この他にも、CPUにSnapdragon 865を搭載メモリは8GB(RAM)/ 128GBまたは256GB(ROM)を採用することで、速度や処理能力が向上ししています。

Xperia 5 IIの日本での販売価格と詳細発売日は現在の未公開されており、今後の発表が注目されます。

出典:ソニー

写真:ソニー

(生)

READ  macOS Big Surの「Apple製品アプリケーションファイアウォール抜けの問題」を解決できるVPNが登場 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close