エンターテインメント

Sony、今アニメサイトCrunchyroll所有

クランチロールのロゴ

映像クランチロール

初めて 2020年10月に報告され、次いで 2020年12月に開始、SonyのアニメーションのストリーミングサイトCrunchyrollの10億ドルの買収が完了しました。

ソニーのFunimation 発表 仕上げ 最終購入価格はなんと11億7500万ドルに達する報道資料を通じて、今日早く発表された取引金額です。 Crunchyrollは「200以上の国で1億2千万人の登録ユーザーを保有している」と主張し、この取引は、現在Sonyがアニメーションのストリーミングサービスでは、イベントの商品、ビデオゲームに至るまで、Crunchyrollのすべての製品とサービスを所有にされたことを意味します。

次に、これが株主ではなく、ユーザーに意味するところは何ですか? Sonyがそのすべてのアニメーションで、実際にしようとすることの計画はまだ非常に曖昧で価格変更やライセンス契約などの情報は、まだまだです。

しかし、Sonyが言った一つ “できるだけ早く統合アニメーション購読経験を作成します。 “

プレスリリースでは:

吉田健一郎(Kenichiro Yoshida)Sony Group Corporation会長兼社長兼CEOは、「CrunchyrollをSonyグループに参加できたことを非常に嬉しく思います。 「アニメは全世界の観客を魅了して感動を与える急速に成長する媒体です。 CrunchyrollとFunimationの連携により、アニメーションのコミュニティの中核的な製作者とファンに近づくことができます。 アニメーションを通して世界を感動に満ち埋めるより優れたエンターテイメントをプレゼントすることを期待している」と述べた。

Sony Pictures Entertainment Inc.の会長兼CEOであるTony Vinciquerraは「CrunchyrollはFunimationとAniplexとSony Music Entertainment Japanの素晴らしいパートナーをはじめとSonyの既存のアニメーションビジネスに多大な価値を提供しています。」と言いました。 「CrunchyrollとFunimationを通して、私たちはファンのための最高のアニメの経験を提供し、当社の主要なパートナー、パブリッシャーと信じられないほど才能のあるプロデューサーが自分の優れたコンテンツを全世界の観客に続け渡すことができるユニークな機会を提供しています。Crunchyrollのさらに、私たちは前例のない方法でアニメファンにサービスを提供して、劇場、イベント、ホームエンターテイメント、ゲーム、ストリーミング、線形TVなどのファンが望むすべてのプラットフォームで、彼らが選択したすべてのプラットフォームでのアニメーションの経験を提供することができる前例のない機会を持つようになりました。彼らのアニメーションを経験するために私たちの目標は、可能な限り早く統合されたアニメーションのサブスクリプションの経験を作成することです。」

Funimation自体は2017年にSonyが1億4,900万ドルで買収しました。 今Sonyは、この製品とCrunchyrollの両方を所有しています。、興味深いだろう 彼らが提供することができる「統合アニメーション購読サービス」がどの位かを確認するために、、存在と シリーズの人気 NetflixとHBO Maxのようなサービスで

READ  スーパーファミコンワールド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでオープン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close