技術

SonyとBungieは、買収が完了したら優れたライブサービスセンターを作成します。

失ったものの一つは 先週、ソニーの投資家関係報告そして私たちの注意を喚起しました。 リセット時代、買収先Bungieの会社の統合計画です。 取引がまだ終了していない間、プラットフォーム保有者は 今年末までにインクが乾燥すると予想そしてすでに 運命 開発者。

ご存知のように、この日本の大企業はスタジオの専門知識を使ってライブサービスゲームの推進を支援したいと思います。 12個同時運営予定 現在、PlayStation Studiosインフラストラクチャ内でこれらのゲームを独立して作業していますが、約1年後にすべての操作にBungieのすべての知識を統合する予定です。

目標は、SIE Live Service Center of Excellenceという新しい内部部門を設立することです。 この部門をすべてのライブサービスタイトルに活用して、ベストプラクティスを遵守することができます。 覚えておく価値がある Bungieは独立性を維持します。そうなるでしょう 独自のゲームを引き続きリリース すべてのプラットフォームにまたがるが、ソニーのライブサービスプロジェクトの背後にある哲学を形成するのにも積極的な役割を果たすでしょう。

興味深いことに、プラットフォーム所有者は取引終了後3ヶ月以内にBungieから学ぶことを望んでいるので、デスティニーゲームの形成と成長に役立つデザイン原則を非常に重要にしていることは明らかです。 結局のところ、SIE Live Service Center of Excellenceは、リリースとリリースのタイトルの両方で収益化などの重要な側面を確認する任務を引き受けます。

明らかに、PlayStationのファン層の多くは、この新しいライブサービスのアプローチについて大きく懸念していますが、実際にはまだ発表されたゲームがないことを覚えておくことが重要です。 そして、ライブサービスタイトルを維持することは悪名高いので、少なくとも会社はこれが旗を差し込みたいビジネスモデルならこの問題を真剣に受け入れるように見えます。

READ  次期首相の決定のための日本の与党の競争

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close