技術

[Sony α7C 크리에이터 즈 토크]新しい時代のコンパクトなフルサイズミラーレス」α7C “写真家、ビデオ製作者対談!(PART 2) – デジタルカメラWatch

α7C

ソニーのフルサイズミラーレスカメラ「α7C」をテーマに写真家、ビデオ製作者が語る企画PART 2を送信します。

PART 1はこちらです。

今回登場するのはwacameraさんとDAIGEN氏。

登場以来、フルサイズミラーレスユーザーを広げ、今も評価されている基本的なモデル “α​​7III」をベースに、フルサイズミラーレスカメラで世界最小最軽量を実現した「α7C」の基本性能を低下させずに保持して良いサイズでフルサイズミラーレスカメラがもたらすものとは一体のでしょうか?

※光学手ブレ補正機構を搭載したフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼カメラで。 2020年9月時点ソニー調べ

フォトグラファー、ビデオメーカー、考えや立場は違っても作品制作にかける心の力は変わりません。 「α7C “のために二人はどのような意見を持ってできるようしたことを聞いてみました。

取材はオンラインで行いました。

◇◇◇

搬出する=撮影の機会が多くなる

– それでは自己紹介からお願いします。

wacamera: フォトグラファー、11年です。 写真館での基礎を学んだ後、結婚式の写真の会社に次の独立して、趣味の作品をInstagramに投稿している様々な方面からの音がかかるようになりました。 現在は、旅行系の広報作品などを中心に扱っています。

DAIGEN: もともとは製薬会社の営業をしていたが、自分の子供が仕事を楽しんでいる素敵な父を見せたくて、2年半ほど前にビデオ制作者として独立した。 私の場合は、YouTubeチャンネル開設を契機に仕事が広くなりました。

– 今までのα遍歴を聞かせていただけますか?

wacamera: 他社のSLRカメラを使用していますが、動画を撮りたい」α7SII」を購入したのが最初です。写真や動画をすべて撮ることを選択しました。最終的にはその頃は動画を放棄してしまいました(笑)。その以下は、「α7RII」「α7III」と使ってきました。

DAIGEN: 最初に購入α意味は一眼レフの「α55」ですね。 動画制作者になろうと入手したのが「α6500」でした。 後にメインカメラで「α7III」を購入し、この使用を継続するしました。現在は、メインの「α7SIII」の下位に「α7C」という感じになっています。

–αキャリアが長い二方だが希望ソニー純正レンズは何でしょうか?

wacamera: また「Distagon T * FE 35mm F1.4 ZA」がとても好き(笑)。 大きくて重いですが、私の撮影スタイルに最も合うものです。

DAIGEN: 愛用しているのは、「FE 24mm F1.4 GM “” Sonnar T * FE 55mm F1.8 ZA」「FE 85mm F1.8」です。

– は、「α7C」の話に入ります。 初めて見た時の印象はどうでしたか?

wacamera: 非常に小さく、軽く感じました。 まず、他のフルサイズミラーレスαのファインダーの山の部分がない。 これには驚きました。

DAIGEN: 私も初めて見た感想はですね。 ソニーのフルサイズミラーレスは、元の小さいのに、より小さいことを出してきた、という印象でした。 表示APS-Cセンサーカメラだとも。 そして、持って容易のを感じた。

wacamera: 私は手が大きい方が、体は小さいのに、グリップがしっかり持つこと好感を感じました。 アングル液晶モニターにもなっており、「小さい事どのような機能を盛り込んでいるんだ」という感想でした。

DAIGEN: 動画制作者の中でするとどちらかと言えば動画用にチューニングされたモデルとも感じました。 動画撮影中は基本ファインダーを覗いていないので、「α7C」のようなスタイルで問題ありません。 ファインダーを使用することは、夏の明るい日差しの中程度ですね。

– なるほど。 カメラが小さく軽いことがどのようなメリットを感じることができますか?

DAIGEN: YouTuberに搬出しやすさがそのまま撮影機会につながり、それはすなわち世の中出すコンテンツが増加することになります。 それ有難い。

さらに、家族出た時も、なるべく記録を残したいと思います。 そんな時は荷物を少しでも減らしたい。 子供の世話を見て重い装置を持って撮影することは本当に無理です(笑)。 カメラが軽いと子供も持たやすいんです。

wacamera: 軽ければそれだけ疲労がたまりません。 以前は、海外の距離を一日中歩いて滞在3日目くらいにやっと休み感じでしたが、今では1日撮影翌日は動くことができない(笑)。 カメラが軽くなるほど撮影の機会が増えると思います。 サブマシンで2台を通っても、いずれかが、あるいはすべてが軽ければそれだけ行動範囲が広がりし。

◇◇◇

wacameraさんの作品

– それではwacamera氏の作品を見ていきましょう。 秋の高原にススキの穂が輝いていますね。 かなり広角での表現であるが、レンズは何ですか?

α7C/ FE 20mm F1.8 G /マニュアル露出(1/800秒・F2.8)/ ISO 100

wacamera: 「FE 20mm F1.8 G」です。このレンズも小型軽量なので、「α7C」のバランスは最高でした。 軽いボディに軽いレンズ。 途方もなく言えば、手に持っていることを忘れてしまいそうな軽さでした。 そして、画質も良い。 このとき、最初に本格的に使用しましたが、「なんて軽く良い透けレンズなぁ」と思いました。 描写も繊細で穂まで鮮明です。

DAIGEN: このレンズは、αを使用しYouTuberにも人気がありますね。 周囲の光景を入れながらハメするのに最適の画角です。

wacamera: 比較的手に持ってな価格のレンズであるが、このような逆光でもゴーストやフレアが目立つようにはほとんどありません。

– 空が白ドビー歳ずに残っていますね。 wacameraさんにダイナミックレンジの広さは重要ですか?

wacamera: はい。 最も重要な項目といっていいでしょう。 ほぼRAW + JPEGで撮影していますが、Dレンジオプティマイザーは、常に最大+5しています。 RAW現像の場合には、Dレンジオプティマイザーが適用されるJPEGを参考にして作りこんでいます。

◇◇◇

– 次の作品も印象的ですね。 かなりの望遠に見えるが……

α7C/ FE 135mm F1.8 GM /マニュアル露出(1 / 1,000秒F1.8)/ ISO 100

wacamera: 上記の作品のような高原で撮影したものです。 歩いていると月との距離のある人物を見つけた瞬間に「FE 135mm F1.8 GM “に置き換え撮影しました。 少し手入れをしています。

– トリミングヘソイ記述はすごいですね。

wacamera: このレンズは、大きく長いため、サイズや外形的には、「α7C」のバランスは「FE 20mm F1.8 G」程度は良くありません。しかし、「α7C “他のフルサイズミラーレスαのような純正レンズの優れた性能を引き出してくれる小さなといって画質で「α7III」に仕上げかかる部分はないですね。

– 現時点では、レンズ交換して撮影されたのですが、「α7C “の開始時刻と撮影の応答は良いですか?

wacamera: 開始までの時間を意識していません。 「α7III」も不思議ではないが、むしろちょっと速くなったような気がします。

– 夕暮れから望遠になると手ブレが気になります。 「α7C “体の5軸手ぶれ補正効果が感じられました。

wacamera: 日が暮れてくると、特にそうです。 私たちの作家の多くは、安定化に役立つでしょうか。 小さくてもしっかり補正してくれるのはありがたいですね。

◇◇◇

– 今回は人物ですね。 認知症がきれいです。

α7C/ Sonnar T * FE 55mm F1.8 ZA /マニュアル露出(1 / 1,000秒F1.8)/ ISO 100

wacamera: 「Sonnar T * FE 55mm F1.8 ZA」です。スムーズに緩やかなボケてくれるのは、やはりフルサイズだからかなと思います。小さいので「α7C」にもよく合いますし、小さなが透けの利点という良いところですね。

DAIGEN: 私もこのレンズを持っています。 大好きなレンズです。

wacamera: 人物を撮るとき、特に50mm前後のレンズは持っておきたい1本ですね。

– この写真では瞳が写っていないが、二人の人物を撮れるとき、「リアルタイム虎キング/リアルタイム瞳AF」を使用していますか?

wacamera: このとき、意識的に設定していないのですが、シャッターボタンを半押しすると勝手に追いかけてくれて驚きました。

DAIGEN: 使用しています。 人を撮るときは、とにかく助けになりますね。 動画を撮っているときに考えがたくさんあります。 露出は適正に設定されているかどうかは、画面の隅に不必要なものが入っていないか、などですね。 「α7C」は動画撮影時にも、リアルタイムの追跡およびリアルタイム瞳AFが作動するので、事前に設定フォーカスカメラに任せることができます。フォーカス以外のものに気を配り、本当に感謝します。

◇◇◇

– インス映え名所として有名なフジ中心ですね。

α7C/ FE 135mm F1.8 GM /マニュアル露出(1 / 2,500秒F5.6)/ ISO 100

wacamera: はい、背景の山は富士山です。 1年前にも同じ場所で「α7III」で撮りました。その時の写真と商店街の看板や電線、遠景の階調など描写力は変わりません。」FE 135mm F1.8 GM」を使用していますが、細かいラインがよく出ています。

– 横断歩道の人物はモデルさんですか?

wacamera: 実は私です(笑)。 三脚を使用して友人にシャッターを押してくれています。 自動車と重ならないように何度も撮ってくれました。 車道で撮影したかのように見えますが、「α7C」を置いているところは、プレスです。 写真手前の道路が鍵状に曲がっているのです。

READ  TENCENT HOLDINGS ADR(TCEHY)は、Baidu、Inc. (NASDAQ:BIDU) - 中国独占禁止規制当局が過去の投資についてTencentは、Baiduの罰をかける:Bloomberg

◇◇◇

– のように富士山を背景にした作品です。 どのように撮ったのですか?

α7C/ FE 20mm F1.8 G /マニュアル露出(1/500秒・F5.0)/ ISO 100

wacamera: 「FE 20mm F1.8 G」を付けてコスモスアクセス撮りました。しゃがんでファインダーを覗いています。小さなコスモスだったが、広角レンズに近づくと背景について、ここまで大きく撮影することができます。コスモスないがぼけているのはF1。 8の効果ですね。順光で強い日差しもありましたが、鮮やかな色の花びらとシベの質感が失われていない解像度はさすがGレンズだと思います。

– 柔らかい色と階調ね。 補正はどのようにされているのですか?

wacamera: 私の場合、緑を下げおとなしくしている場合があります。 このような雰囲気にソニーの絵作りがあっていると思います。 補正は、コンピュータではなく、スマートフォンです。 その方がSNSに公開しやすいので。

DAIGEN: wacameraさんのキャリブレーションとトリミング方法が好きです。 カラーグレーディングでは、この作品のような色を作るの動画としても見たいですね。

wacamera: ありがとうございます!

◇◇◇

– 滝の写真です。 三脚を使用しましたか?

α7C/ Distagon T * FE 35mm F1.4 ZA /マニュアル露出(1.6秒F11)/ ISO 250

wacamera: 例えば、1.6秒露出しています。 アングル液晶モニターを使用してアングルを考案した。

– 赤い服を着た人物がアクセントになっています。 wacamera氏は派手なことを点に配置する作品が多いですが、αの色再現と色表現はいかがですか?

wacamera: 私のために、色の状況は重要ですね。 ソニーの色は忠実な色再現をベースに若干マゼンタより出るようにと考えて、私は気に入ってます。 基本色は、ほぼそのまま使用することができますので、一手間加える必要がないのも嬉しいです。 「α7C「絵作りもさすがフルサイズ、豊かな階調表現された。

◇◇◇

DAIGENさんの作品

– それではDAIGEN氏の作品をお楽しみください。 この企画のために “α7C”にしてくださいました。 レンズは「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 85mm F1.8」などです。

wacamera: なるほど! お尻が強調されているのは、このような結末とね(笑)鹿がかわいい!

– 動く鹿がたくさん出てきますが、「リアルタイム追跡」は、使用されて?

DAIGEN: くり抜かれたスタブ向こう鹿があるとき、タッチ追跡に焦点を当てています。 鹿が細かく動いてもよく追従くれますね。

この作品の90%は、MFの代わりにAFが、ソニー純正レンズで動画撮影時の焦点が遅いとは思わない。 レビュー動画で被写体を顔の前に出すことがよくあるでしょう。 このとき焦点がすぐに合わないカメラと困りますよね。 動画撮影中にも、自分の顔や風景や被写体をスムーズに切り替えることができるので、動画撮影時αの使用が最も良いと思います。

– アングル液晶モニターも使用されていますね。

DAIGEN: 「α7C」では、頻繁に使用します。今回も鹿キーが低かったため、鹿の目の高さに合わせる形で使用しました。人間の目線で撮影された映像には出せない良い臨場感が出てきたようです。

– 動画製作者に上下方向にのみ動くチルト液晶モニターとの違いは?

DAIGEN: ジンバルを使用する場合は、モータの軸被害モニターをインストールすることができます。 角度が自由なのは、本当に便利ですね。

wacamera: ハメ時にも使用することができますね。

– 動画の一部スローモーションになっています。 これらの効果は、DAIGENさんに重要なのでしょうか?

DAIGEN: 今回はシカの動きをスローで表現しました。 120fpsで撮影し、それを24fpsにしています。 映像に緩急をつける意味でも、ゆっくりとよく使用している。 Vlogなどの動画を撮るカメラの機能は、あるものがいいですね。 「α7C “は、PC編集することなく、カメラのスローと高速動画を加工することができるので、それは便利することができます。

– 「α7C “内蔵マイクの音質はどうでしょうか?

DAIGEN: 非常に良いと思います。 今回の動画では、自動車に乗っているシーンは、すべての内蔵マイクです。 ノイズリダクションを着用していないことですが、そのまま使用しました。 せっかくの小さな体に大きなマイクを付けることは嫌いじゃないですか(笑)。 「α7C “は内蔵マイクの性能が良く、このまま撮れるのは大きな利点だと思います。

– 収録ある程度時間を置いていますか? バッテリーの所有に不安を覚えていますか?

また、約2時間10分程度です。 バッテリーは1個で十分でした。 「α7III」よりも少しあるような気がしますね。

◇◇◇

–wacameraさん、DAIGENさんの作品を見てはいかがですか?

wacamera: やはり動画はしたいですね(笑)。 最初の車のシーンで引かれていました。 暗いでの撮影だが、感度はどのくらいですか?

DAIGEN: ISO3200〜5000だと思います。

wacamera: その程度上げてもきれいなものイングンた。 車から出てくるシーンは、一度車から降りて、カメラを設置して、そしてまた車内に入っているんです。 このようなストーリーに沿って撮影することがすごい(笑)。 今までの写真と動画の2台体制で外出もどちらか一方になってしまいました。 「α7C」は小さくて軽いので、メインは、他のフルサイズミラーレスα動画に「α7C」という組み合わせで挑戦するのもいいかもしれませんね。

提供:ソニーマーケティング株式会社

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close