Tech

Sony Japan | プレスリリース| 5G対応のフラッグシップレンジのスマートフォン「Xperia 5 II」を商品化

プレスリリース
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

2020年9月17日

120Hz駆動のディスプレイ※1新たに搭載された、世界初※2の4K HDR 120フレーム/秒スローモーション撮影※三を実現

ソニー株式会社
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

スマートフォン「Xperia 5 II」
(左から:ブルー、グレー、ブラック、ピンク)

ソニーは、私たちの技術を結集した、本格的なカメラの性能とゲーム音響エンターテイメント体験をハンドフィットするサイズに凝縮した第5世代移動通信システム(以下、5G)対応のフラッグシップレンジスマートフォン「Xperia 5 II(Xのファイブマプロダクツ)」を商品化します。

「Xperia 5 II」はAI※4による目検出して人物や動物※5瞳にすぐに焦点を合わせて追従する「リアルタイム瞳AF」※6やAF / AE※7追従最大20フレーム/秒※8高速連写などの最上位モデル「Xperia 1 II」で実現した本格的なカメラの性能を本体幅約68mmハンドフィットするサイズに凝縮。また、世界初の※24K HDR 120フレーム/秒スローモーション撮影※三を実現します。 また、映画とほぼ同じアスペクト比21:9※9約6.1インチのHDR対応有機ELディスプレイを搭載。 リフレッシュレート120Hz駆動のディスプレイ※1新しい搭載と240Hzの残像低減技術※10して動きの速いゲームコンテンツも鮮明に滑らかに映し出しています。 また、従来比※11最大4倍の240Hzのタッチスキャン速度と従来比※11約35%向上※12タッチの反応速度に応じて素早い操作が必要なゲームも、指の動きを迅速かつ正確に読み、快適にプレイすることができます。 5GのSub6(6GHz以下の周波数帯)に対応して、撮影した大容量データの転送や高画質映像コンテンツのストリーミング再生も高速通信で快適に楽しむことができます。

本製品は、今年の秋以降、日本を含む国・地域で発売される予定です※13

  • ※1:リフレッシュレート120Hz駆動、低残像の設定を使用ON時有効です。 ディスプレイのリフレッシュレートは、コンテンツやアプリケーションの仕様に応じて異なる場合があります。
  • ※2:スマートフォンで。 2020年9月17日確認した。
  • ※三:標準レンズのみ。 本機能は、「Cinematography Pro」で撮影可能。 ProjectのFPSによるスローモーションで記録し、再生されます。
  • ※4:機械学習を含むAI(人工知能)技術を利用した。
  • ※5:すべての動物が対象ではない。
  • ※6:標準レンズのみ。 本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。 シャッタースピード1/60秒以上である場合に有効。 撮影環境によって異なる場合があります。
  • ※7:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
  • ※8:標準レンズのみ。 本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。 ドライブモード「Hi」時。 シャッタースピード1/100秒以上の場合に有効。 撮影環境によって異なる場合があります。
  • ※9:ディスプレイに表示されるアスペクト比は、コンテンツの種類に応じて異なります。
  • ※10:本機能は、「ゲームエンハンサー」に設定可能。リフレッシュレート120Hz黒い画面の挿入機能を持たせています。
  • ※11:Xperia 5の割合。
  • ※12:使用するアプリケーションや条件に応じて異なります。
  • ※13:端末の仕様、発売時期本体価格配布色などに関しては、国・地域によって異なります。

主な特徴

1.ハンド収まるサイズで楽しむことができる本格的な撮影体験と視聴体験

高速・高精度追従AFや世界初※2の4K HDR 120フレーム/秒スローモーション撮影※三を実現する高性能カメラでの貴重な瞬間をキャプチャ

一体含ま※4による目検出人物や動物※5瞳にすぐに焦点を合わせて追従する「リアルタイム瞳AF」※6を搭載し、瞳にピントが合う躍動感のある写真を撮影することができます。 また、レンズ交換式デジタル一眼カメラα™(Alpha™)で蓄積された技術で、60回/秒※6のAF / AE※7演算を実行コンティニュアスAFを可能にしてAF / AE※7追従最大20フレーム/秒※7高速連写を実現。 動く子供や動物※5撮影などでも高い精度で被写体にピントを合わせて追従して撮影逃したくない貴重な瞬間をキャプチャします。
これらの本格的な撮影体験を提供する「Photography Pro(フォトグラフィプロ)」は、マニュアル露出とシャッタースピード優先などの撮影モードダイヤル、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどを自在に変更して、意図した通りの写真表現を楽しむことができます。 また、画質劣化を最小限に抑え、自由加工を楽しむRAWフォーマット※14での記録にも対応します。
また、映画のような質感と色表現して独創的な撮影体験を楽しむことができる「Cinematography Pro(シネマートグラフィー専門)」は、世界初の※24K HDR 120フレーム/秒スローモーション撮影※三を実現。 24フレーム/秒での撮影時に5倍のスローモーション撮影が可能で、シネマティック映像表現の幅がさらに広がります。

メインカメラはZEISS®(イース)レンズを採用して階調、色再現、透明感、立体感、ボケ味被写体の微細な質感までを忠実に再現します。 また、T *(ティースター)コーティング品質の低下の原因にもなりフレアやゴーストを最小限に抑え、クリアな描写を実現します。 より多くの光を取り込める1 / 1.7 “の大型センサーの採用※15とBIONZ X™for mobileによるノイズ低減処理などで暗いところでも明るくノイズの少ない高画質の写真を撮影することができます。
有効画素数約1220万画素のイメージセンサーを採用した焦点距離24mmの標準レンズ(F1.7)、70mm望遠レンズ(F2.4)、16mmの超広角レンズ(F2.2)(35mm換算)トリプルレンズカメラを自在に切り替えて、シーンに合わせて創造的な撮影を楽しむことができます。

120Hz駆動のディスプレイ※1新しい搭載し、スムーズなスクロールと鮮やかな鮮やかな描写を実現

映画とほぼ同じアスペクト比21:9※9約6.1インチのHDR対応有機ELディスプレイを搭載。 21:9シネマワイド™ディスプレイを介して、映画やミュージックビデオなどに採用される21:9の映像を大迫力のフル画面で楽しむことができます。 また、リフレッシュレート120Hz駆動のディスプレイ※1新しい搭載し、よりスムーズなスクロールが可能になるほか、フレーム間の残像を低減し、くっきり鮮やかに描写します。
ソニー独自のUIを実装した21:9のアスペクト比が、使いやすい二画面同時表示が可能な「21:9マルチウィンドウ」は、上下それぞれの画面を横にスライドすると、両方のアプリケーションを簡単に切り替えることができる「マルチウィンドウスイッチ」を搭載。 動画を見ながらSNSを検索するなどの「ながら作業」を快適にすることができます。
また、ブラビア®で培った高画質化技術X1™for mobileしてSDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載し、インターネットに映像も高い一方で映し出します。 また、映像制作の基準機に使用されるソニーのマスターモニターを扱う部門が監修した色の設定」クリエイターモード」を搭載。 10bitカラー相当に高い階調表現とUHD(Ultra HD)放送規格ITU-R BT.2020の色域、10bitの信号に対応した独自開発した画像処理で制作者が意図した映像表現を再現します。
本機が対応する立体音響技術「DolbyAtmos®(ドルビーアトモス)」は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとのコラボレーションした独自のチューニングを実装して音の定位感や立体感の再現性を向上させます。21:9シネマワイド™ディスプレイと臨場感のある迫力のあるサウンドを組み合わせることで、映画などの対応コンテンツのより没入感のある映像視聴を楽しむことができます。

ソニー独自の高音質化技術でストリーミングサービス※16など、すべての圧縮音源を高解像度相当楽しむ

3.5mmオーディオジャック搭載で左右の音の混合を従来比※11約10分の1まで減らすことができ、あなたの有線ヘッドフォンでよりクリアな音質を楽しむことができ、左右に均等に配置されたフロントステレオスピーカーバランスのとれた迫力のステレオサウンドを実現。 ソニー・ミュージックエンタテインメントとの協力によるクリエイターの制作意図を忠実に再現したこだわりのサウンドを有線ヘッドホンと本体スピーカー音質と迫力をそのまま体験することができます。
また、AI技術で高音の表現力と微細な音の再現性が向上した高音質化技術DSEE Ultimate™※17に対応。 ストリーミングサービス※16とワイヤレスヘッドフォン※18にも対応し、すべての圧縮音源を高解像度オーディオ(高解像度)相当の高解像度音源にアップスケーリングして再生します。 また、ソニーが提供する新しい音楽体験 “360 Reality Audio(サンロクマル現実オーディオ)」のためのハードウェアデコードを搭載して、コンテンツの再生時約30%の消費電力削減※19を実現。 アーティストと同じ部屋にいるかのような音に包まれた新しい音楽体験を長時間楽しむことができます。

  • ※14:DNGフォーマット。
  • ※15:標準レンズのみ。
  • ※16:あなたのサービスの仕様に応じて対応していない可能性があります。
  • ※17:DSEE Ultimate設定ON時有効です。 高解像度相当の高解像度音源で楽しめる高解像度対応ヘッドホン(別売)が必要です。
  • ※18:LDAC™対応ヘッドフォン(別売)が必要です。
  • ※19:ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」のみ」TIDAL」は現在、日本を除くすべての地域で利用可能です。

2. 240Hzの残像低減技術※10と240Hzのタッチスキャン速度で動きの速いゲーム快適な操作

21:9のディスプレイを介してゲームコンテンツの表示領域が大きく広がるほか※20リフレッシュレート120Hz駆動のディスプレイ※1とゲームプレイのためにチューニングされた240Hzの残像低減技術※10新しい搭載して高速で移動ゲームコンテンツも鮮明に滑らかに映し出し没入ゲーム体験を提供しています。 また、従来比※11最大4倍の240Hzのタッチスキャン速度を実現しており、タッチ反応速度も従来比※11約35%向上※12。 素早い操作が必要なゲームで、指の動きを迅速かつ正確に読んで意図した作業を快適に楽しむことができます。
ゲームプレイに集中できる専用機能を備えた「ゲームエンハンサー」は、ゲームプレイに不必要なナビゲーションバーと通知機能などを一括して無効になって誤作動を防止コンペセットを搭載。 ゲームに没頭できるeスポーツまるで環境をしたタブに整えることができます。 また、 “HS※21パワーコントロール」機能を使用すると、充電器を総合しながらゲームプレイ時にも端末高温化によるパフォーマンスの低下や電池の劣化を抑制します。
また、3.5mmオーディオジャック搭載で充電中も有線ヘッドフォンを使用してゲーム音を、低遅延で聞くことができ、プレイステーション®4ワイヤレスコントローラDUALSHOCK®4と接続※22して、外出先で自宅と同じようにゲームプレイを楽しむことができます。 このほか、Activisionとのコラボレーションにより、モバイル一人称シューティング(FPS)ゲーム「Call ofDuty®:Mobile」が新たに120フレーム/秒のハイフレームレートをサポートします。 「Xperia 5 II」の120Hz駆動のディスプレイに鮮明にやさしく照らすほかQualcomm®Snapdragon Elite Gaming™と協力して、独自のチューニングを実装して、「Call ofDuty®:Mobile」をより快適にプレイすることができます。

READ  Google、スマートフォンなどのために、最新のOS「Android 11」の正式版をリリース! すでにPixelシリーズ用に提供開始します。 AOSPと工場画像も公開 - S-MAX

  • ※20:ゲームの仕様に基づいて21:9表示されないことがあります。
  • ※21:熱抑制
  • ※22:DUALSHOCK®4は別売りです。 ソフトウェアタイトルに基づいて互換性が異なります。

3.次世代高速通信5G対応の最上位CPUと大容量バッテリーですべてのコンテンツを迅速かつ快適に

5GのSub6ネットワークに対応して、撮影した大容量データの転送や高画質映像コンテンツのストリーミング再生も高速通信で快適に楽しむことができます。 また、Qualcomm社の最新プラットフォームQualcomm®Snapdragon™865 5G Mobile Platform搭載し、CPUとGPUの性能をそれぞれ従来比※11約25%の速度向上。 8GB(RAM)/ 128GB・256GB(ROM)※13内蔵メモリに基づいて速度や容量を提供しています。
また、4000mAhの大容量バッテリーを搭載。 30分から約50%の急速充電※23が可能で、Xperia自体の充電を最適化技術と「いたわり充電」により、充電時の電池の負荷を軽減し、2年※24使用しても劣化しにくいのバッテリ寿命を提供しています。 また、「いたわり充電」に充電を常に80%もしくは90%まで止められる常時モードを新たに搭載し、バッテリーの劣化速度をより確実に低減することができます。 このほか、バッテリーの消費を抑えてバッテリーグリップをよくする「STAMINA®モード」、防水(IPX5 / 8)、防塵(IP6X)性能など充実の基本性能も備えています。
本体は幅約68mmハンド合うサイズながら厚さは約8mmでスリム化※11を実現。 高強度Corning®Gorilla®Glass 6を採用するほか、身近で持ちやすい丸みのあるデザインに光の揺らぎを表現したブラック、グレー、ブルー、ピンクの4色※13カラーを展開します。

  • ※23:21W以上のUSB Power Deliveryに対応した急速充電器で充電する場合。
  • ※24:ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)の調査。

関連アクセサリー(別売)

Xperia 5 IIスタイルカバー(スタンド含む)(XQZ-CBAD)

動画視聴時やゲームプレイ時に便利な格納式スタンド機能を備えた「Xperia 5 II」専用カバー。 スタンドを閉じると、カバーと一体化するスリムな構造を実現しています。 持ちやすさと機能性を兼ね備えた本体の形状にぴったり純正カバーならではのデザインです。 カラーはブルー、ブラック、ピンクの3色※13を展開します。

Xperia 5 IIスタイルカバー(スタンド含む)

主な仕様や詳細については、以下のURLからご確認ください

  • Xperiaシネマワイド、α、Alpha、BIONZ XブラビアX1、DSEE Ultimate、LDAC、STAMINAはSony Corporationの商標または登録商標です。
  • 「プレイステーション」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。 「DUALSHOCK」は、Sonyインタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
  • ZEISSはCarl Zeiss AGの登録商標であり、Carl Zeiss Vision International GmbHの許可の下に使用されています。
  • Dolby、ドルビー及びDolby AtmosはDolby Laboratoriesの登録商標です。
  • Qualcomm、SnapdragonはQualcomm Incorporatedの商標です。
  • ©2020 Activision Publishing、Inc. ACTIVISIONとCALL OF DUTYは株式会社Activisionの登録商標です。
  • その他記載されている製品名は、各社の登録商標または商標です。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close