トップニュース

SPACECOM、日本との関係強化

日本の国家宇宙政策室(Office of National Space Policy)は、日本のQuasi Zenith衛星システムに2つの米国のペイロードを発射するための歴史的な覚書に署名した。

ワシントン:日本は今年、フランスとドイツの足跡をたどる宇宙司令部と正式に結ばれるアメリカの次の同盟国になりました。

今日のスポークスマンは「SPACECOMは、日本との協力のための覚書を作成している」と述べた。

宇宙運営責任者Jay Raymond 司令部の多国籍調整セルに東京の追加を予告しました。 彼はまだスペースコムとスペースフォースを率いている、2月議会証言で。

「私たちは、Vandenberg AFBの多国籍宇宙協力事務所を強化し、ドイツ、フランス、英国の連絡担当官が政策とTTPを調整することができるようにします。 [tactics, techniques and procedures]”彼は彼の書面の発言で述べた。「私たちは、日本、イタリア、韓国を協力努力に追加することによって、オフィスを拡張するために積極的に努力しています。”

多国籍宇宙協力事務所はVandenberg AFBに共同の場所がSPACECOMのCSpOC(Combined Space Operations Center)とは別です。 CSpOCはオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国などFive Eyes情報連合の米国の同盟国である米国が5回目に、米国の衛星事業者と並んで座っているの脅威ブリーフィングと計画に参加するところです。 多国籍セルは、米国の秘密の同じレベルのアクセスなしに同盟国の参加を可能にするために、若干低いレベルの分類で動作します。

現在SPACECOM最高陸軍将軍James Dickinsonは同盟役人を自分の従業員に含める方法を検討するなど、多国間関係を構築するために積極的に動いています。

宇宙軍も中国の宇宙暦上昇に対抗するために特にインド – 太平洋地域での能力を開発する上で国際的パートナーシップに焦点を当てています。 「過去数年の間に、私たちは、フランス、ドイツ、および日本とのパートナーシップを積極的に拡大しており、大韓民国とのパートナーシップを拡大するために努力しました。」DT Thompson副が1月にOld Crows協会に言いました。 。

「米国はどこにも一人で行くことがありません。全世界で一人ですることもありません。宇宙で一人でするのもありません。」宇宙軍参謀責任者であるNina M. Armagno中佐が昨日言いました。 「したがって同盟構築が成功の鍵と呼ばれる概念は、宇宙軍で失われません。」ワシントン大学が後援するウェブセミナーでは、彼女は言いました。

特に、米国と日本は宇宙分野の認識の協力を強化するために努力しています。 日本は中国の宇宙活動を注視するためにGeostationary Earth Orbit(GEO)に入るQuasi-Zenith Satellite System(QZSS)に米国の宇宙状況認識(SSA)センサーを発売する予定です。

スペースフォース 12月に正式な合意を発表しました 宇宙とミサイルシステムセンターが構築した光学センサーペイロードがそれぞれ2023年と2024年に、日本の種子島宇宙センターから日本の衛星に発射されるのを見ることができます。

ケリーセイボルト(Kelli Seybolt)空軍国際問題次官は「宇宙のドメイン認識の向上は、日本との宇宙パートナーシップを拡大する最初のステップに過ぎません。 「私たちは、信頼できる同盟国との宇宙協力を深め、拡張しながら、この協定を構築することを期待します。」

READ  ゆき角田、日本をF1地図に戻って上げる準備

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close