理科

Spacewatch:UAEのHope Mars任務が1周年を迎えました| 火星

アラブ首長国連邦(UAE)が日本の南西部、鹿児島県種子島宇宙センターから火星探査を開始するためにホープ宇宙船を打ち上げから1年になった。

2021年2月9日までに希望は4億9300万kmの宇宙を越えて火星軌道挿入(MOI)作戦を遂行した。 3月23日、ホープ号は火星上空20,000kmから43,000kmまでの高度の楕円形のパスである最終的な運用軌道に進入し、装置の試運転期間が過ぎた後、5月23日、科学作戦が開始されました。

エミレーツ火星探査機としても知られているHopeの成功は注目するに値します。 UAEの最初の宇宙ミッションであるだけに、野心的な目標を選択することは、多少大胆なことだった。 これUAEは火星に到達した5番目の国や組織になりました。 残りの4カ国は、米国、ロシア、欧州宇宙機関、インドのだった。 (中国のTianwen-1の宇宙船は、Hope以降4日後に到着しました。)

Hopeは、2006年に開始され、科学コミュニティを開発し、国家の宇宙教育を強化することにより、UAEの宇宙部門を加速するために概念化された。 Hopeの科学的使命は、火星の大気と気候を研究することです。 宇宙船の3つの科学機器の最初の完全なデータセットは、2021年10月に提供される予定です。

READ  帰還の成功は、スペースX有人宇宙船飛行士が見た地球| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close