トップニュース

SpaceXのStarlink広帯域、来年の日本人里離れた地域で使用可能

ソウル、韓国 – SpaceXのStarlink衛星ブロードバンドサービスは、2022年から日本の人里離れた地域で使用することができます。

日本の代表的なキャリアであるKDDIは 9月13日に発表 SpaceXとのパートナーシップにより、1200個のリモートモバイルタワーを介して「田舎モバイル顧客に都市モバイル接続体験を提供」します。 このペアは、追加費用なしで山岳地域と島に居住する顧客にStarlinkブロードバンドを提供することで開始されると、東京に拠点を置くテレ鼻が言いました。 ウィソンマンは、自然災害や停電などで地上の通信回線が切断されている場合でも、バックアップの役割をすると付け加えた。

KDDIによると、二つの組織は、総務省から実験の許可を受けた後、一連の技術デモを行いました。 彼らは今年末までに正式ライセンスを取得するために努力しています。 日本の会社は、契約の財務条件を明らかにしていない。

日本にはまだ通信ネットワークが不完全な地域がいくつかあります。 3月末には約9,900人のモバイルサービスが提供されていない地域に居住しており、無線サービスが提供されている地域でも、島では、機器の接続が困難な場合が多かったです。 日経アジアによると、

KDDIは4G通信で人口の90%以上をカバーするが、いわゆる白金周波数帯域は、陸地面積の60%以上のみ拡張されるとNikkeiは報告しました。

一方、KDDIのライバル Softbank、5月にOneWebと提携 日本およびその他の市場で「高度なシームレスな接続」を開発するために。

READ  宮殿:日本の天皇、大流行にオリンピックについて「心配」

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close