技術

SpaceXドアミッションのために8人を探し、日本の億万長者

「dearMoon」の任務はまだ開発中SpaceXのStarshipに搭乗して2023年に離陸する予定です。

日本の企業家であり、億万長者が人間を以前よりもずっと宇宙に連れて行こうとします。 あなたはそれらのいずれかになることがあります。

前沢優作は3月2日「dearMoon」という月探査のために、全世界で8人の乗組員を探していると発表した。

月を巡る一週間少し超える旅行は月の表面を越えて最初の民間任務を表示します。

SpaceXの創設者兼CEOのElon Muskは「このミッションは、人々が地球から来た人類よりも遠くに進むことを期待します。」と言いました。

また、地球の軌道を超えて、人間と一緒に最初の個人宇宙飛行と初の商業用宇宙飛行を表示します。

Maezawaのプロジェクトは、SpaceXのStarshipを使用して、約10-12人の乗組員を乗せることです。 同社は現在までのすべての爆発的なプロトタイプをテストしています。

マスクは、船が2023年に離陸する準備がされると楽観します。

「私たちは2023年以前にスターシップに複数回軌道に達すると、人間の輸送に十分安全であると確信します。」と彼は言いました。

日本の億万長者は、2018年に初めてすべての座席を購入しました。 今、彼は乗組員を構成する準備ができました。

登録は3月14日まで可能であり dearMoonミッションのウェブサイト。 しかし、競争はすでにかなり激しく見えます。

「可能な限り多くの才能のある人に行く機会を与えたい」と前沢のツイートによると、3月4日現在237カ国で30万件以上の申請書が提出されました。

ミッションの暫定スケジュールに基づいて、3月21日に最初の審査が行われて課題とオンラインのインタビューが続きます。 その過程を通過した人のための最終面接と健康診断は、5月末に行われます。

ディ語文は6月末までに最終的な乗組員を選定すると発表した。

Maezawaは「私たちが一緒に楽しい旅行をすることを願っています」と言いました。

最初に彼は「アーティスト」を自分の乗組員に招待しようとしましたが、時間が経つにつれてアイデアがあいまいになって、すべての人にプロセスを公開することを決めました。

Maezawaは「全世界のより多くの人々にこの旅に参加する機会を与えるために、より多様な視聴者に近づいて思いました。」と付け加えました。

彼は自分の選択プロセスの2つの主要な基準を探しています。 宇宙に移動し、興味のある活動の限界を超えることができる人と同様の熱望を共有する他の乗組員を喜んでサポート人です。

月の軌道を回るプライベートジェットを購入した前沢の理由? そうですね。

「私が最も期待しているのは、私の故郷の惑星は、私の目に大きく青い地球を見ている」と彼は言った。 「宇宙ではどのように小さいか、どれだけ多くの経験すべきか、どのように懸命に働くべきか、どのように多く成長できるかどうかを新たに実現する」と語った。

この任務の発表はSpaceXが最初のすべての民間人の乗組員が2021年Crew Dragon宇宙船に乗って地球軌道を回るためにFalcon 9ロケット発射すると発表して一ヶ月後に出てきたことです。

その任務は、 インスピレーション4 また、米国の億万長者であり起業家であるJared Isaacmanが彼と一緒に残りの座席を一般大衆に寄付しています。

dearMoonミッションについての詳細調べ桁を申請することができます。 ここで。

今、他の人が読んでいる内容:

►ニュース速報や天気アラート: 無料10 Tampa Bayアプリのダウンロード

READ  挨拶してお尻を暖かくして、暗闇で光る、日本のloosがBrit Lockdown Hitなります。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close