理科

SpaceX Starshipブースターは、最初の「冷凍証明」に先立って雷雨克服

最新情報: SpaceXの最初のスーパーヘビー冷凍防止テストは7月8日午後6時から午前12時(UTC-5)まで予定されています。 天気は次善の策であり、断続的な大雨(金曜日の夜まで突発洪水警報が発令されている程度まで)は、今後数日間予想されます。

それにもかかわらず、Booster 3は、午前9時頃に初めてベンチンを発見しSpaceXが今日または明日少なくとも一、二回のテストをしようとすることを示唆します。

今週初めに要求された道路やビーチ閉鎖メッシュ、 次Spaceflightレポート SpaceXスーパーヘビーブースターは、早ければ7月8日に初めて「冷凍証明」のテストをしようとする予定です。

Booster 3(B3)として知られているSpaceXは、最初の機能Super Heavyプロトタイプをリリースしました。 今までに完成された最大のロケットブースター – 7月1日に工場で発射台まで。 1週間後、SpaceXはSuper Heavyの最初の完全に統合さ適格性テストを開始して成功した圧力テストキャンペーンを構築することになります。 ブースターのテストタンクBN2.1。 複数のテストを完了した後、BN2.1はSpaceXのBoca Chica工場の近くの高鉄の杖に戻したし、キャンペーンに使用されたカスタムスタンドの一部は、Starshipテストに使用された二つの「suborbitalマウント」のいずれかに再インストールしました。 昨年。

Mount Aの修正が完了したかどうか、わずか数日後Super Heavy Booster 3はパッドに移され、その上に設置された。 何らかの理由でSpaceX技術者やエンジニアは、次の週にブームリフト軍隊の助けを借りて、ロケットの外部と内部を捜索して基本的な構造を必要とするすべての電力、遠隔測定、配管を備えた機能的な圧力容器に変えるために送られた。

嵐が来る数日前。 (NASASpaceflight-bocachicagal)

その棚卸作業の99%は、SpaceXの高いだけのカバーの下で実行されていることがあります。 Booster 3は、数十個のスチールリングとドームで組み立てましたが、それにもかかわらず完了したと見えます。 労働者たちは、火曜日と水曜日に、日常的なテキサス州南部豪雨と雷雨と対抗戦わなければならいたがそれ以外の場合はかなり普通の風や天候にさらされました。

火曜日の状況は、最も劇的であった。 豪雨は時々雷にのみ停止しました。 しかしBooster 3と軌道発射台の超高層ビルの大きさの発射塔は一日中無ストライキ状態を維持するように見えました。

SpaceXの軌道スターシップ発射塔(左)とブースター3(右)は、少なくとも一回の大きな雷をようやく失った。 (NASASpaceflight.com)

現在、すべての必要な航空電子工学、配線や配管を完全に備えたものとみられるBooster 3の次の主要な目標は、まず養成窒素ガスでロケットの構造の整合性を確認して、後には過冷却液体窒素でロケットの構造の整合性を確認するプロセスを参照している待機と極低温証明テストです。 。 SpaceXは過去18ヶ月間、少なくとも12〜2個の「冷凍証明」を行うし、現在の資格試験は、非常に日常的です。

しかし、スーパーヘビーB3 ある これまで製作された最大のロケットブースターが非常に巨大なロケットをテストするSpaceXは 少し 新しい土地。 実際SpaceXがどのように正確Booster 3の最初の極低温証明を行うことかはわからない。 トン (〜660万lb)の液体窒素。

いつものように新しい巨大で新しいロケットをテストすることは簡単なことではないので、遅延が可能です。 とにかくSuper Heavy B3の最初のテストウィンドウ 計画された 7月8日正午から午後8時までCDT(UTC-5)、7月9日午前6時から午後8時まで、7月12日午後12時から午後8時まで二回バックアップします。 フルサイズのスーパーヘビーブースターの最初のテストの更新をお楽しみに!

ブースター3。 (NASASpaceflight-bocachicagal)

SpaceX Starshipブースターは、最初の「冷凍証明」に先立って雷雨克服






READ  GPSも必須」重力赤方が」が、超小型天体観測される| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close