経済

[Speaking Out] Toshiba:国家安全保障問題と企業ガバナンスを混在させないでください。

~~

日本の技術革新は、コロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

最近Toshiba Corporationの外部調査報告書が出ており、会社が昨年に株主総会を不当に操作したと結論に達しまし。 東芝の要求に応じて、日本経済産業省は、外国為替および外国貿易管理法を利用して、経営陣に代わって活動に注意株主の提案を遮断するために介入したと弁護士グループの報告書が明らかにした。

しかし、私たちは、捜査報告書を当然のことと考えられているメディアの報道に惑わされてはならず、現実を冷静に見つめなければします。

調査は活動家、株主が選択された弁護士によって行われました。 したがって、弁護士は客観的な第三者見ることができません。 調査報告書によると、調査官は、事実を確認せずに膨大なToshibaメールデータに基づいて、一方的な推測だけしたことに気づいた。

関連: プライベート| Toshiba経営陣は混乱を停止しなければします

中国への技術流出の懸念

一部の批評家は、METIが事件の詳細について責任を負うべきだと言います。 梶山浩METI長官は、東芝の株主総会で、国防部の介入を断固として否定し、国家安全保障の観点から、コアビジネスと技術を確保するために、適法な措置を取ったと述べた。 彼はもはや詳細を提供していませんでした。

国際的な観点から、国家安全保障問題の説明を自制するのは当然です。 外国為替および外国貿易管理法に基づく審査の内容を説明することは、政府の国家安全カードを示すようになります。 そのような説明が不透明という批判は、伝統的な国家安全保障の知恵の不足を露出と同じです。

Toshibaの場合発表されたドキュメントだけで国家安全保障問題を知ることができます。 昨年Toshiba株主総会に関連する文書化され、株主提案は、国家安全保障の問題により、米国の輸出禁止対象、中国最大の契約の半導体メーカーであるSemiconductor Manufacturing International Corporation(SMIC)の全社外取締役を任命することを促しました。 Toshibaの社外取締役です。

METIが技術流出の懸念を確認していないように提供することは以上です。 METIが活動家株主の背景と社外取締役に任命の詳細については、東芝からの情報を取得するのは当然です。

改訂された外国為替および外国貿易法は、国家安全保障に関連する主要な産業の場合、政府が外国からの投資を受け入れ、社外取締役を選任したときの生産基地を維持への懸念の理由があるかどうかを確認する権限を付与します。 と技術。 このような政府の措置は、不当な介入や圧力に対応していません。

この施設の国家安全保障に影響を与えるその他の施設は、最近、中国や他の外国のバイヤーの標的となった。

活動家、株主の権利よりも国家安全保障の優先順位

Toshibaは長い間、会計詐欺やその他のコンプライアンス関連のスキャンダルのために困難を経験してきた活動家の株主が脆弱な企業ガバナンスに注意を払うように招待したことになります。

しかし、国家安全保障問題は、コーポレートガバナンスの問題と明確に分離する必要があります。 活動注意株主の権利よりも国家安全保障を優先するのは当然です。 METIの目的は、生産拠点の一部販売または敏感な技術の流出からToshibaを保護することです。 国防部は、東芝の経営陣を保護しようとする試みをしたことがありません。

Toshibaはコーポレートガバナンスの問題として、独自の調査を実施し、責任を果たさなければしかし、METIは慌てず、着実に国家の安全対策を取る必要があります。

(この記事のバージョンは、 日本の国民の基礎研究所話す #804日本 2021年6月21日)

関連: 経済安保自由で開放された国のための国防の最前線です

Author:Masahiko Hosokawa

Masahiko HosokawaはMeisei Universityの教授であり、日本経済産業省貿易管理部門の元ディレクターです。 日本の国民の基礎研究の企画委員でもある。

READ  日本のInc。は、管理役割の女性の承認にはるかに遅れています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close