エンターテインメント

SPFL 2022、ニュース、スコア、Ange Postecoglou、ケルト対セントジョンストン、結果、ランキング、

Ange PostecoglouのCelticは、オーストラリアの監督時代にHoopsが獲得した最大の勝利であるSt Johnstoneに対して7-0の勝利を収め、新たな境地に達しました。

セルティックは84パーセントのシェアを誇り、23のシューティングをライバルの単一の試みに成功させ、スコットランドのプレミアシップはしごで苦いライバルであるレンジャーズより9ポイント上回った。

そしてAussieは試合後に別の古典的なラインを提供しました。

彼はCeltic TVでマッチの選手を選ぶことの難しさについて質問を受けました。

Postecoglouは「おそらく私と対になり、残りは忘れるでしょう」と答えました。

彼は加えて、「誰がゴールを決めたのか、誰が試合の主人公なのかについてではありません。 ここに来ることができたのは、すべての若者の共同努力です。 そして、我々は今後それを必要とします。 今(リーグで)5試合が残り、私たちの観点から見ると、私たちが始めたものに基づいて構築することです」

KayoでbeIN SPORTSで毎週世界最高のサッカー選手を視聴しましょう。 LaLiga、Bundesliga、Ligue 1、Serie A、Carabao Cup、EFL、SPFLのライブ中継。 Kayoは初めてですか? 今14日無料体験 >

日本のストライカー古橋は、ボクシングデー以来初めてスタジアムに戻りましたが、Postecoglouは彼の破壊的な攻撃能力を必要としませんでした。

レオ・ハタテが前半8分に先制ゴールを打ち上げ、ジオルゴス・ジアクマキスが貧弱なバックパスを傍受し、ケッパーを四捨五入して2回目の得点に成功した。 Daizen Maedaは休憩時間の前に3つのポイントを作成し、Postecoglouは後半の開始前にSocceroo Tom Rogicを含む2番目の凧で交代選手を鳴らすことができました。

Josip Juranovicは、インターバルの5分後にペナルティポイントで4-0で成功し、交換されたMatt O’Rileyが2ゴールを決めました。 Liel Abadaは78分、完敗を完了しました。

より多くのカバレッジ

ロナウド、醜い損失の中で子供の手で電話を殴った後、「爆発」に謝罪

「恥辱だ」: マンユ監督が残酷なチャンピオンズリーグの現実の確認を中断すると、スターは怒りを表明します。

PLラップ:トッテナムのスターバックハットトリックでトップ4レースが大きな転換点を迎えます。 没落した巨人が救命列を確保する

マンユとアーセナルは敗北、トッテナムはヴィラを汲み上げる 01:36

Postecoglouは次のように言いました。 私の言葉は、あなたが非常に良いパフォーマンスでなければそのようなスコアを得ることができないという意味です。 私たちは最初からそれにあると思いました。 私は私たちがゲームを本当にうまく起動し、それらを圧迫したと思いました。 私たちは彼らが危険な側面になる可能性があることを知っています。 彼らは良い状態でした。

「私たちのテンポとリズムに慣れてみると、よかったです。 そして後半にもよく仕上げてよかった」と話した。

Postecoglouは特に後半に彼のチームがアクセルを踏んでいる方法に深い印象を受けました。 それが私たちの挑戦です。 私たちがベンチにいくつかの品質を置くことができるときにも役立ちます。 彼らは明らかに来て、その一部になることを望んでいます。 これは推進力と推進力を維持するのに役立ちます。 私たちはハーフタイムでそれについて話しました。それは私たちが本当にゲームを終了する機会です。」

そのセンセーショナルな競技力で唯一の否定的なことがありましたが、Giakoumakisは怪我で退場し、Postecoglouはこれが軽いように見えたと言いました。

先週、Old FirmライバルRangersを破った2人のチームは、次の日曜日の夜(11pm AEST)のScottish Cup準決勝戦に戻ります。

一方、レンジャーズはケルトの赤字を6点に減らすために今夜(オーストラリアの時間)セントミレンに移動します。

最高の一晩プレミアリーグゴール! | 02:26

READ  日本女子カーリング、北京オリンピック開幕戦スウェーデンと対戦する

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close