スポーツ

Sportradar、クリケットの提供を強化するためにInteractSport引数

スイスを拠点とデータと放送ソリューション会社が2021年に3番目の引数をします。

  • 取引は規制当局の承認に基づいて2021年第2四半期に終了します。
  • InteractSportのパートナーは、現在Cricket AustraliaとECBが含まれています。
  • スイスの企業がクリケットの分野で成長の機会を見るとSportradar CEO Carsten Koerlは言う。

スポーツデータ、放送ソリューション会社であるSportradarはクリケットの分野の深さと専門知識を持つスポーツデータと技術会社であるInteractSportを買収する契約を締結しました。

Sportradarの最高経営責任者であるCarsten Koerlによると、Sportradarの商業と流通のフレームワークとInteractSportの製品、コンテンツ制作機能とテーマの専門知識を組み合わせて、顧客のためのローカルおよびグローバル市場での大幅な成長を実現します。

InteractSportの現在ファミリーには、「FrogBox」として知られているクリケットのための自動化されたライブストリーミング、ゲーム内の制作と管理ソリューションが含まれています。

メルボルンに拠点を置く同社はクリケットのための世界的レベルのデータ収集ツールと競合管理機能、電子採点、登録管理、ファンに優しいWebおよびモバイルアプリケーションを備えた包括的なデジタルスポーツ管理プラットフォームファミリを開発しました。

InteractSportは現在Netball AustraliaとFootball Australiaのような他のスポーツのパートナーに加えてCricket Australia、EnglandとWales Cricket Board(ECB)を含む主要なクリケット委員会とパートナーシップを結んでいます。

SportradarのKoerl引数について言及し、「今回の買収は、Sportradarにデータとコンテンツの提供を拡大することができる機会を提供しています。クリケットは、世界で最も人気のあるスポーツの一つであるため、私たちは、この会社の成長の機会に見て特に、アジア地域でのスポーツの重要性を考えると、「

InteractSportのCEOであるSam Taylorは次のように付け加えました。 “Sportradarとの協力は、会社のビジョンを達成するために、自然なステップです。これにより、我々は、ビジネスを拡大して興味深い新製品を開発し、新たな市場に到達し、現在および将来のより大きなメリットを提供することができます。 顧客。 ”

最近の取引はSportradarがSynergy Sportsを買収するための最終的な契約を締結した後、2021年に現在まで三番目に買収されたものです。 Sportradarはまた、最近、アジアサッカー連盟(AFC)とKリーグと提携し、アジア地域を拡大しました。

今月初めSportradarは日本ニュースエージェンシーの子会社であるKyodo News Digitalと長年のパートナーシップを締結しました。 今回の取引は、国際的なスポーツ大会の幅広いデータ供給とサポートを含む日本全国のKyodoメディア、顧客にマルチスポーツAPIデータサービスとRadar 360製品が再配布されることを見ることができます。

SportradarのInteractSport引数は規制当局の承認に基づいて、今回の四半期に完了すると予想されます。

READ  ラグビー| 日本のラグビーの将来:プロ時代の新しいリーグ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close