理科

St. Olaf卒業生、国際平和のためのCarnegie EndowmentのGaither Junior Fellow – St. Olaf College

セントオラフ卒業生、国際平和のためのカーネギー基金のゲイよりジュニアフェローに任命

一つアンダーソン’20がゲイよりフェローに選ばれました。

St. Olaf College卒業生であるHana Anderson ’20は2021〜22年の間にJames C. Gaither Junior Fellowに選ばれました。

Gaither Junior Fellowsプログラムは、グローバルな参加と平和に焦点を当てたワシントンDCのシンクタンクであるCarnegie Endowment for International Peaceで1年間勤務した経験を取捨選択された志願者に、国際問題へのキャリア的関心をさらに高めることができる機会を提供しています。 フェローは、カーネギーの選任学者の研究助手として働き、特定の研究の関心分野に合致する学者とペアを成します。

毎年12〜14人の卒業生や過去年度に卒業した個人が1年のフェローシップに選抜されます。 フェローは、数百個の参加大学で指名され、志願者の約5%が職に選ばれます。

アンダーソンは、日本語と英語で聖オラフバイリンガルを駆使した後、中国語を専攻してセントオラフで第3の言語を追加しました。 彼女はまた、政治学を専攻し、4年生の秋学期に中国の上海の華東師範大学に留学しました。 St. Olafの間、彼女はSt. Olafオーケストラで4年間バイオリンを演奏し、テキサス州、ニューヨーク州、ニューメキシコを旅行しました。 彼女はまた、学生が運営するアジアの問題サークルのAsian Studies in Actionに参加し、学生に日本語を教えました。 フェローシップ内でAndersonは、アジアプログラムに合格しており、アジアの – 米国の関係のための彼女の関心をより探求します。

ここではAndersonはサポート手続き、研究の興味とSt. Olafがキャリアの抱負にどのような影響を与えたかについて共有します。

Gaither Fellowshipに支援することに決定した理由は何ですか?
ゲイよりフェロープログラムは、東アジアの地域文脈でガバナンス、国際協力、戦略的な競争、人権などのトピックを探検する機会として私に目立ちました。 コホートには約12〜14人のフェローがあり、それぞれ異なるテーマの分野で働くように割り当てているため、仲間たちから学び、国際問題に熱心な私の同僚の他の人々を知るようになるとの見通しに興奮しました。

今年ゲイよりフェローになると、どのような機会を得ることでしょうか? フェローシップは、将来の職業願望をどのようにサポートしますか?
各分野の専門家であるEvan Feigenbaum、Yukon Huang、James Schoffのような信じられないほどの学者たちと一緒に働くだろう。 ワシントンDCの中心にありながら、政策決定過程の詳細については多くを学ぶことです。 私は、アジアと米国の関係をさらに強化するために、公共サービス、特に外交の分野で仕事をしたい。 私はまた、私のキャリアのある時点で日本、中国や他の場所に住んで仕事して、地域の利害関係者との絆を構築し、国内の政治とトレンドをよりよく理解したい。

一つアンダーソン(右)と友達に建物、木、基地局、青空を背景に石橋の上に立っている。
華東師範大学、海外学期のいずれかアンダーソン’20(右)」と「リング誤解ノヒュ21が、昨年10月ゴールデンウィーク連休期間に南寧の資産(地震酸)を旅した。

フェローシップを介して探索することができる学業/研究の興味は何ですか?
私は日本の帝国の歴史どのように隣人との関係を続けて形成して、今日の外交政策に影響を与えるか、常に関心がありました。 もっと広く言えば、仕事中米関係を別の角度から見ることに興味があります。

St. Olafで過ごした時間の中で最もやりがいのあることは何ですか?
St. Olafの最もやりがいのあることは、明らかに、同僚と教授との意味のある関係を形成することです。 特にアジア学科政治学の教授は、卒業後も私を助けてくださいました。 政治学、アジア学の教授であるKatherine Tegtmeyer Pak、アジア学助教授Shih-Lin Shih、アジア学准教授Ying Zhouなどの教授たちから受けたメンタリングを通じてアジアの問題に関連しキャリアを追求するということに気づいた。 できるだけでなく、エキサイティング意味があります。

性オラフは交際のためにどのようにあなたを準備させますか?
私はSt. Olafカリキュラムの学際的な性格が歴史、政治学、社会学などの学問分野の組み合わせを使用して、より快適に考えて仕事をすることができたと思います。 St. Olafはまた、海外留学やインターンシップの機会を活用することを強調しました。 Piper Centerは、日本、大阪のアメリカ領事館の政治経済課でインターンシップを財政的に支援しており、St. Olaf Collaborative Undergraduate Research and Inquiry(CURI)プログラムを使用して、台湾のYilanに研究旅行に参加しました。 Hsiang-Lin Shihら3人の学生。 Tegtmeyer Pakと哲学助教授Jason Marshも、このサポートプロセス全体私にアドバイスを提供するために重要な役割をしており、それらの指導ありがとうございます。

READ  iPhone12高速ミリ波が利用可能であると「5G」の表示が変化 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close