Studio AMB、日本ゲストハウスのために「古代伝統を再解釈」

Estimated read time 1 min read

建築実習Studio AMBは島根みすみエリアにある100年の伝統的な日本家屋を改造し、自然に開放された共用1階を特徴とするミニマリストゲストハウスを作りました。

新しい世代の訪問者に小さな漁村の「地元の気候と文化を体験する」機会を提供するために、この住宅は個人のゲストのためだけでなく、空いているときの地域コミュニティのための会議スペースとしても使用されました。

Studio AMBが製作した日本ミスミの改造されたミニマリスト住宅外観
Studio AMB、日本ゲストハウスのために「古代伝統を再解釈」

既存の木造構造を維持し強化するために、Studio AMBは土のある隙間スペースであるドマと建物の端の周りのポーチスタイルの棚であるエンガワを含む日本の伝統的な家屋の典型的なスペースを再解釈しようとしました。 。

スタジオの創設者である中山春樹は、「私たちのアプローチは、日本で普及した「廃棄と建築」の問題から抜け出し、古代の伝統を再解釈し、伝統的な家屋を将来に伝える空間を作ることを選んだ」と語った。

Studio AMBが日本ミスミにある改装されたミニマリスト住宅のくぼみ付きバスルームStudio AMBが日本ミスミにある改装されたミニマリスト住宅のくぼみ付きバスルーム
この家は、エンガワで部分的に覆われたくぼみのあるキッチンとバスルームスペースを統合しています。

家の1階を掘り下げると、くぼみのあるキッチンとお風呂空間のための空間が作られ、家の周りを包んでいる木のエンガワによって部分的に見えなく隠されていました。

細い木の柱と突出した屋根がこれらのスペースを保護し、家の前面は外側の要素にほぼ完全に開いており、背面は大地の傾斜特性によって保護されています。

「伝統的な日本の家屋では、畳が敷かれた部屋が一般的に地面から約50〜60cm高くなり、室内空間に入ると靴を脱ぐ文化的慣行が造られました」と中山氏は説明しました。

「キッチン、バスルームなどの水を扱う場所を考慮し、ユーザーによって多様な活動が可能な「まな板」に似た多目的空間を構想しました。」

「隣人とコミュニケーションするための施設を作るために、伝統的な「温泉」「足湯」、「水泳場」、さらには魚や植物のための池に変身することもできます。

Studio AMBが製作した日本ミスミのミニマリスト住宅にある足湯または池Studio AMBが製作した日本ミスミのミニマリスト住宅にある足湯または池
入った浴槽は、温泉、足湯、またはプールとして機能することができます。

バスルームとキッチンの間の小さな木製の階段は1階に接続されています。

可能な限りプロジェクトは家の既存の木材仕上げを維持し、凹んだ1階部分はモルテックスコーティングで仕上げ、より大きな弾力性と防水機能を提供するとともに、伝統的な土まな板の「質感を実現」しました。

Studio AMBが日本ミスミにある改装されたミニマリスト住宅の1階Studio AMBが日本ミスミにある改装されたミニマリスト住宅の1階
1階には畳の床と操作可能なスクリーンを備えたより多くのプライベートベッドルームエリアがあります。

日本の伝統家屋を改造した他の事例としては、DDAAが長崎県にある86年になった住宅を陶磁ブランドMaruhiroの事務所に改造したものがあります。

写真撮影:土田涼、Studio AMB

READ  日本、アフガニスタンでFAOの緊急作戦のための新たな資金支援-Afghanistan
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours