技術

Sumitomo Electric、アメリカで不足している5Gチップの生産

OSAKA-日本のチップメーカーであるSumitomo Electric Industriesが9月から米国で5G基地局用半導体を製造するとNikkeiは全世界のチップ不足によるサプライチェーン中断の懸念が高まっていることを知りました。

全世界の製品の70%のシェアを保有している中国の通信Huawei社テクノロジーズの主要サプライヤであるSumitomo Electricは、米国事業で供給能力を2倍にする計画だ。

5Gチップメーカーは、米国の契約メーカーII-VIが運営するニュージャージー州の工場に生産設備を構築しました。 投資額は合計数十億円(10億円は、900万ドルに相当)です。 この施設は、基地局の主要な構成要素であるトランジスタを製造して信号を増幅する役割をします。

この会社は、窒化ガリウムを材料として使用し、いくつかは、最終的には、シリコンを主要チップ材に置き換えることができると思います。 窒化ガリウムは、シリコンに比べて改善された通信容量と低消費電力を提供するガラスのような物質です。

半導体産業をカバーするアナリストによると、ガリウムチップの価格ははるかに高価ですが採用が増加しています。 窒化ガリウムの全体的な効率が良くなるため、第6世代の技術で需要が増加すると予想されます。

米国で生産された半導体は、スウェーデンのエリクソン(Ericsson)、フィンランドのノキア(Nokia)のような米国と欧州の通信機器メーカーに供給される予定である。 Sumitomo Electricの現在の供給量の90%が中国メーカーに縛られているとされるので、この会社は、米国およびヨーロッパの顧客のために売上高の増加を目指します。

フランスの調査会社によると、窒化ガリウムトランジスタの市場規模は、2025年に5億2200万ドルで、2018年の数値の2倍に達するとします。 米国の会社であるQorvoと日本のMitsubishi ElectricがリーダーSumitomo Electricに従います。

米国の生産はまた、国内の半導体産業を強化しようとするワシントンの政策と一致します。 米国は、半導体不足と中国 – 台湾の関係の緊張に警戒しており、米国の半導体製造とR&D 520億ドルを投資する法案を議論しています。

台湾の半導体製造(株)、韓国のサムスン電子など大手半導体メーカーが米国に投資すると発表した。

READ  総額3500万円分のグラフィックボードは、中国の工場から盗まれる事件が発生し - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close