理科

SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION、PERSEFONI、およびIBM JAPANは、脱炭素化問題を解決するための契約に署名しました。

三井住友バンキングコーポレーション、パーセフォニ、IBMジャパンは、ビジネスとサービスの提供を設立しました。 Net-Zero Emissionsを達成するための努力を加速することで合意

東京2022年8月10日 /PRNewswire/ – Sumitomo Mitsui Banking Corporation(「SMBC」、社長兼CEO: 高島誠)、Persefoni AI、Inc.(「Persefoni」、CEO: 川森健太郎)およびIBM Japan、Ltd.(「IBM Japan」、GMおよび社長: 山口明夫に本社を置く 東京、日本)は、今日、Persefoniの大手気候管理および会計プラットフォーム、IBM Japanの深層システム統合経験、SMBCの前例のないリーダーシップの位置を、日本全国の有名企業に提供する戦略的協力を締結したと発表しました。 このコラボレーションにより、お客様はグローバルカーボンフットプリントの管理を分析および支援することができます。 今回の協力に加え、SMBCは国内初の多国籍金融機関であることを発表する。 日本 Persefoniとの多年契約を締​​結し、SMBC独自の運用にPersefoni CMAPを使用します。

1. 背景
国際気候変動公開フレームワークを提供する気候関連財務情報公開タスクフォース(TCFD)は、企業が脱炭素化のための実行計画を開示することを要求するガイダンスを表します。 4月以来、一部の東京証券取引所上場会社は実質的にTCFDに従って情報を公開する必要がありました。 一方、TCFDは、Scope 1で定義された事業自体の燃料燃焼による直接GHG排出量、Scope 2で定義されたサードパーティのエネルギー使用による間接排出量、および15のアップストリームと15のアップストリームとScope 3で定義されたダウンストリームサプライチェーンカテゴリには大量のデータ収集、洗練された計算、式が必要です。 このため、規制および投資家のコンプライアンス要件を満たすために、デジタルサポートサービスのニーズが高まっています。

2. サービス提供の強み
Persefoniは気候管理および会計プラットフォーム(CMAP)を提供します。 このプラットフォームは、世界中で利用可能で、各地域に固有の排出係数を統合し、GHGプロトコルと炭素会計と財政のためのパートナーシップ(PCAF)に基づいて、範囲1、2、および3の排出量を計算できます。 。 CMAPは、特に範囲3のカテゴリ11(販売された製品およびサービスの使用による排出量)およびカテゴリ15(投資およびローン運営による排出量)の計算に強みがあります。 CMAP には、以下を提供する気候軌跡モデリングモジュールも含まれます。 SBT準拠の目標設定管理と顧客がデジタルモデルを作成し、純ゼロ計画計算をサポートします。 今回の条約を通じて、CMAPは自動炭素会計ソリューションに対する需要が急増している日本市場に急速に供給される予定だ。

IBMは、データ科学者がIBM Garage方法論を適用して開発したツールを提供し、データ入力プロセスをPersefoniに自動化し、排出量計算の出力と報告プロセスをサポートします。 このツールは、通常、企業が大量のリソースを必要とする排出量の計算に必要な大量のデータ収集と処理をサポートする統合ワンストップデータアプリケーションインフラストラクチャで開発されました。

2022年春からSMBCとIBM Japanは、Climate Service、Inc.と協力しながら、企業の気候変動の開示を支援するための気候変動リスクと機会分析サービスを提供しています。 Persefoni、SMBC、IBM Japanとの戦略的協力により、カーボンフットプリントの管理から気候変動リスクや顧客の機会分析まで、包括的な脱炭素化ソリューションを提供

3. SMBCへのPersefoniプラットフォームの導入
SMBCがPersefoniのCMAPを選択するために重要なPersefoniプラットフォームは、 日本 国内だけでなく世界中で。 SMBCは、Persefoniプラットフォームが、SMBCなどの多国籍企業が直面している世界的にかなり複雑な計算、さまざまな排出係数、包括的な排出制御などの排出管理の問題を解決するための最高のソフトウェアであると確信しています。 SMBCの「SMBCグループグリーンイノベーター」プログラムは、顧客が様々な持続可能性イニシアチブに関連する経営問題を解決するのを支援し、SMBCは脱炭素社会を実現するために持続可能性の実現に貢献し続けます。

ペルセフォニーについて
Persefoniの気候管理および会計プラットフォーム(CMAP)は、企業、金融機関、および政府機関に、財務報告システムと同じレベルの信頼性で組織の気候関連データとパフォーマンスを管理するためのソフトウェアファブリックを提供します。 同社のソフトウェアソリューションにより、ユーザーはカーボンフットプリントを計算し、 パリ 同意し、地域、部門、または同種グループ別に影響をベンチマークします。

ペルセフォニーの詳細については、以下をご覧ください。 https://persefoni.com/

連絡する: [email protected]

日本IBMについて
IBM Japanは、世界175カ国以上で運営されているIBM Corporationの日本法人です。 基礎研究とビジネスコンサルティングからITシステムの開発と保守まで、幅広いサービスを通じて顧客のビジネス革新とデジタル革新を支援します。 詳しくは https://www.ibm.com/jp-ja

詳しくは以下をご覧ください。 https://www.ibm.com/jp-ja

IBM、IBMのロゴ、およびibm.comは、世界中のいくつかの管轄区域に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 その他の製品およびサービス名は、IBMまたは他の会社の商標です。 現在、IBMの商標リストは、「著作権および商標情報」Webサイトで入手できます。 http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (私たちを)。

について 中小企業庁
SMBCを含むSMBCグループは、2030年までにSMBCグループからの独自のGHG排出量と、2050年までに投資と融資ポートフォリオ全体を通じて温室効果ガスゼロを達成することを約束しています。 日本、戦略実行のスピード、リーダーグループ会社による金融サービス提供能力。 これらの強みを活かし、脱炭素化へのお客様の挑戦を熱心に支援します。

ソース ペルセフォニー

READ  スペースX野口さんを乗せてISS到着賭けに勝ったNASA | ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close