Super Rugby Exodus XV:2024年ニュージーランドのチームで見られなかった有名な選手

Estimated read time 1 min read

ニュージーランドのスーパーラグビーパシフィック選手団は2024年に発表されました。

ワールドカップサイクルが終わると、海外に選手たちが移動することが多すぎて来年大会のためにニュージーランドチームで失われた合計974個のAll Blacksテスト経験があるほど多いです。

これは、多くの若い人材が新しいオールブラックスコーチスコットロバートソンの前で来年のスーパーステージに自分自身を知らせるための道を開く一方で、クラブではるかに大きなリーダーシップの役割を担う必要がある他の中間層選手もいるでしょう。

これを念頭に置いて、次のようになります。 もの 「スーパーラグビーエクソダスXV」、新シーズンコロン選手は誰なのか見てみよう。

1. Alex Hodgman (ブルース – オーストラリア)

30歳の4次テストオールブラック(2020)は3月の肩の怪我をして2023年に再び走りませんでした。 彼はレズと2年契約を締​​結し、父の血統を通じてすぐにワラビーの選択が可能です。

2. デーン・コールズ(ハリケーン – 日本/引退)

ベテランオールブラックスの売春婦はワールドカップですべてのラグビーをやめたように見えましたが、久保田スピアス船橋東京湾で怪我をしたSpringboksの売春婦Malcolm Marxを交換するための遅い機会がありました。

3. Nepo Laulala (ブルース – フランス)

3つのスーパークラブで12シーズンを過ごした強力なタイトヘッドは、元All Blacksチームの同僚であるCharlie Faumuinaを置き換えるために、彼の敏感なスクリーニング能力をトップ14チャンピオンのトゥールーズを守るために活用しています。

4. Brodie Retallick (チーフス – 日本)

2番目にニュージーランドを去って日本に、今回は永遠にKobelco Kobe Steelersで2020-21年の安息年を過ごした後、とても面白かったので彼らと再接続することに決め、元チフスコーチと再会しました。 デイブレニー。

サム・ホワイトロックはニュージーランドを去り、今回のブラック最多出場者であり、2番目に多くのスーパーラグビー選手として記録されました。

ハンナ・ピーターズ/ゲッティイメージズ

サム・ホワイトロックはニュージーランドを去り、今回のブラック最多出場者であり、2番目に多くのスーパーラグビー選手として記録されました。

5. サム・ホワイトロック(クルセイダー – フランス)

Richie McCawを抜いて歴代最多記録(153テスト)のAll Blackと2番目に最多記録を出したCrusader(181)がPauに向かいます。 これは、2行目のScott Barrettの隣に大きな穴を残します。 ディフェンディングチャンピオン。

6. Shannon Frizell (ハイランダース – 日本)

すでに最高の才能を失ったハイランダースチームが東芝と1年契約を締​​結した愚かなブラインドサイドを失う余裕のない種類の選手です。 これはAll BlacksのフォワードコーチであるJason Ryanを迷惑させた契約であり、Frizellが今年NZRとの契約を終了するにつれて、彼はDamian McKenzieの場合のように国家代表チームに出場する資格を持つ前にここに戻って時間を過ごす必要がありますです。 2022年に。

7. サム・ケイン(チープス – 日本)

現国家代表船長は先週、東京サンゴリアテに合流すると発表されたが、チープスは2024年契約の安息年のためにしばらく彼の不在を計画してきました。 彼はロバートソンの最初のオールブラックスチームに選ばれるために、時々戻ってくるでしょう。 七月。

8. Ardie Savea (ハリケーン – 日本)

2023年だけでなく、過去数シーズン中、All Blacksのトップ選手はCaneのように今年半ばに国家ミッションに合わせて戻ってきますが、一般的にハリケーンとスーパーラグビーにとっては大きな損失になります。 彼の1シーズンの安息年は神戸でRetallickと強力な群れを形成します。

9. Aaron Smith (ハイランダース – 日本)

CrusadersのWyatt Crockettに続き、歴代5回目に多くの出場記録を保有したオールブラック、最多出場(125回テスト)、2回目に多くのスーパープレイヤー出場(185回出場)でニュージーランドの試合を終了します。 今月末に35歳になってハーフバックの地形を変えた男はトヨタに向かい、エキサイティングなポラウ・ファカタバ(Folau Fakatava)が南の深いところに進出できる道を拭きました。

10. リッチ・モウンガ(クルセイダー – 日本)

RedとBlacksのタイトル戦戦を通じて、Razorの影響力のある「クォーターバック」であり、現職のAll Blacks No 10は、新しいCrusadersコーチRob Penneyが埋める大きな穴を残すでしょう。 モウンガと東芝の契約は3年で、2027年のワールドカップのために戻ってくる可能性が高いです。

レスター・ファインガアヌクと彼の攻撃力は両方とも幼い頃にフランスに去った。

ハンナ・ピーターズ/ゲッティイメージズ

レスター・ファインガアヌクと彼の攻撃力は両方とも幼い頃にフランスに去った。

11. レスターファインガアヌク(クルセイダー – フランス)

一時的ではありますが、ニュージーランドのラグビーとクルセイダースにとっては大きな損失でした。 中央でも席を埋めることができ、ワールドカップで自分の実力を見せることができる破壊的なウィンガーは、2025年7月までにのみ24歳の若い年齢でトゥーロンに去ります。

12. Alex Nankivell (チーフ – アイルランド)

XVで唯一のオールブラックではない選手であるNankivell(27歳)は、ニュージーランドの試合でより多くの打撃を与えることができる選手であり、特に国際舞台で故国を相手に試合する可能性がある選手です。 2017年以来、Chiefsで70回キャップを記録し、Māori All Blacksで5回キャップを記録した後、彼はURCチャンピオンMunsterと契約しました。

13. ジャック・グッドヒュー(クルセイダー – フランス)

怪我のために黒い制服を着る時間が短縮され(18回のテストのうち最後のテストは2020年に行われました)、2番目の5番/センターは今年、CrusadersとAll Blacks XVチームと一緒に活気を取り戻していましたが、Castres Olympiqueで2年契約を選択しました。これは、28歳の選手がここで過ごす時間の終わりを意味する場合もあれば、そうでない場合もあります。

14. ロジャー・トゥイバサ・シェーク(ブルース – NRL)

ラグビーへの移行は彼が期待していたほど単純ではなかったが、依然としてディフェンダーに多くの心配を与え、オークランドのセカンドファイブからウィングに移り、彼ははるかに良い方向を探しているように見えた。 しかし、それは彼が来年からウォリアーズに復帰すると約束したのか、しばらく後のことでした。

ボーデン・バレット(Beauden Barrett)は日本で2番目の出場を控えています。

ジョー・アリソン/ゲッティイメージズ

ボーデン・バレット(Beauden Barrett)は日本で2番目の出場を控えています。

15. ボーデンバレット(ブルース – 日本)

2021年に東京サンゴリアスでプレーし、少なくとも1シーズン中にトヨタでスミスとつながる予定である歴代6番目に多くの出場記録を保有したベテランプレーメーカーのAll Blackが2回目に日本に戻りました。 別の機会。 これは、Stephen PerofetaとZarn Sullivanが新しいブルースコーチVern Cotterに代わる絶好の機会を意味します。

尊敬できる言及: Andrew Makalio(ハイランダース – 日本)、Atu Moli(チーフス – オーストラリア)、Taine Plumtree(ハリケーン – ウェールズ)、James Blackwell(ハリケーン – 日本)、Josh Dickson(ハイランダース – 日本)、Tom Robinson(ブルース – 日本)、 Marino Mikaele -Tu’u(ハイランダース – 日本), Pita Gus Sowakula (チープス – フランス), Brad Weber (チープス – フランス), Bryn Gatland (チープス – 日本), Fetuli Paea (ハイランダース – イタリア), Scott Gregory(ハイランダース – イタリア) 。

READ  バーレーンは日本との激しい対決準備を終えた。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours