SusHi Tech Tokyo 2024、持続可能な未来都市のビジョンを覗く

Estimated read time 1 min read

「私たちは東京の人々が持続可能性について学びながら楽しい時間を過ごすことを願っています」 これは差し迫ったSusHi Tech Tokyo 2024のレビュー委員大塚大彦の言葉です。

4月27日から5月26日まで、日本の首都では最高の持続可能性慣行と技術を備えた企業とスタートアップを披露する予定です。 4月10日、スポンサーはメディアに参加者が何を期待できるかについての情報を提供しました。

詳細については、 ジャパンフォワード SusHi Tech Showcaseプログラムレビュー委員会の会員である大塚太子と話し合いました。 中 デロイトのパートナー彼女は執行委員でもあります。 東京湾eSGプロジェクトより広い範囲の一環として、資本に持続可能性を提供することに焦点を当てます。未来の東京戦略。

千代田区にあるデロイト東京事務所の大塚太鼓(©JAPAN Forward)

カリコムバナー

SusHi Tech Tokyo 2024について

興奮度が高いです。 イベントは3つの部分で構成されています。

  • 都市リーダープログラム (5月15~17日)。 これは5つの大陸の都市指導者を対象としています。 持続可能な社会を実現するための解決策についての会議と議論があります。
  • グローバルスタートアッププログラム (5月16~17日)。 オープンイノベーションを促進するプログラムのこの部分は、スタートアップと彼らが世界に伝えるメッセージに焦点を当てています。
  • ショーケースプログラム (4月27日~5月26日)主催側は今回のショーケースを通じて自然と利便性が結合された持続可能な都市を作る方法を見せてくれることを期待している。 訪問者は4つの展示場(有明アリーナ、未来館、シンボルプロムナード公園、海の森エリア)の展示を通じて東京の未来を体験することができます。

大塚はSDGに関連するイベントの価値の一部を指摘した。

大塚氏は、「私たちは、平等なジェンダーの代表性、食糧損失の防止など、持続可能性に関するアイデアに注意を払っています。これは、2024年パリオリンピックのような他の国際的なイベントと一致しています」と大塚は語った。

千代田区デロイト東京事務所でインタビュー中の大塚太子(©JAPAN Forward)

ショーケースプログラム:新興技術と持続可能性

イベントの3つの部分のうち、都市リーダーとグローバルスタートアッププログラムは、日本と海外の利害関係者の両方を対象としています。 しかし、ショーケースプログラムの目的は、東京から世界にメッセージを送ることです。

また、ショーケースプログラムは東京湾周辺の4ヶ所にわたって行われ、ほぼ1ヶ月間続きます。 ウェブサイトに記載されているように、究極の目標は簡単です。 「持続可能な都市のためのモデルを東京で紹介するショーケースイベント」です。

ショーケースの主なテーマは、人々が持続可能な慣行について学ぶことです。 「多くの人が持続可能性が理解しにくいと思います。しかし、私たちは人々が将来の都市を経験し、持続可能性が日常生活でどのように楽しくて有用であるかを知ってほしい」

したがって、人々が持続可能な現実の一部になることをより簡単に想像できるように、没入型の経験を作成することがアイデアです。

広告


カリコムバナー

特にこれには、人々が必要とするものに焦点を当てた消費者優先哲学が含まれています。 これにより、プログラムは人々が将来のための独自のビジョンを作成するのを助けることを願っています。

SusHi Tech 2024ショーケースプログラム公式ウェブサイトのスクリーンショット。


カリコムバナー

主導的な役割を担う

大塚の個人的な経験のために、彼女はこのイベントを監督する能力を持っています。 彼女はIBMで持続可能なコンサルティングリーダーとして長年勤務し、米国で日本企業とのコンサルティングを行ってきました。 彼女は、故国の企業が主導的な役割を果たすべきだと主張しています。

大塚は「製造分野で長い歴史を持つ日本は、特に資源不足の国として、リサイクルと循環経済でより顕著な役割を担うべきだと思います」と強調します。

しかも今回のイベントは他の面でも革新的だ。 「これは企業や政府によってのみ組織されているわけではありません。私たちはコミュニティに参加しようとしています」と彼女は説明します。

彼女は、「私たちは人々が持続可能性とスキルをどのように使用しているのかを見て、楽しさを感じ、生活に持続可能性とスキルを適用するようにインスピレーションを得たい」と付け加えます。

スタートアップのためのプラットフォーム

ショーケースプログラムには大企業とスタートアップの両方が参加している。 そして一般的に、スタートアップはSusHi Techのコアテーマです。

大塚自身も多くの帽子をかぶった経験があります。 IBMで働いてスタートアップNewsPicksにシニアアドバイザーとして参加することに加えて、彼女は神経科学研究者でもあります。 彼女はショーケースプログラムがスタートアップが輝く場になることを願っています。

今後、彼女は女性CEOが増えれば、性別の多様性が日本のビジネス文化を変えることができると信じています。 彼女は「大企業だけでなく多くのスタートアップが女性代表性でこの数値を達成すれば日本の性平等地形は劇的に変わるだろう」と指摘する。 大塚の分析では、「包括的なスタートアップが長期的により良い成果を出す傾向がある」とします。

大塚はまた、日本が深い技術分野で優れた可能性を持っていると指摘しています。 「ハードウェアとつながったディテールなディープテクには日本が依然として強い。 [US] ウエストコースト」と付け加えた。

広告


カリコムバナー

大塚は未来を見据え、ショーケースプログラムの成功により、世界中の人々がインスピレーションを受けてくれることを願っています。

「私たちは人々が自分の未来がどんな姿かを楽しく見守ってほしい」と彼女は言います。

関連:

著者:アリエル・ブセト

READ  人生に戻るファイナンシャルタイムズ
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours