SusHi Tech Tokyo 2024: ナビゲーション可能な数々の持続可能なイノベーション

Estimated read time 1 min read

SusHi Tech Tokyo 2024 5月12日、Symbol Promenade Parkでショーケースプログラムを開始し、 海の森エリア。 この2景色の良い場所は、イベントを主催する東京の4つの場所の一つです。 このプログラムは、持続可能性と革新的な技術を強調し、新しい視点と興味深い発見のためのスペースを提供します。

シンボルプロムナードパークでは、環境にやさしい食べ物や車両、技術を楽しむことができます。

彼らは、環境に最小限の影響を与えるさまざまな食品オプションを通じて、持続可能な未来のビジョンに没頭することができます。 味、健康上の利点、環境にやさしいことで知られている美味しい植物料理から、地元で生産される珍味まで、すべての味を楽しませてくれるものがあります。

持続可能な料理

賑やかなフードストリートやトラックの中で目立つのは、東京本条あずま橋にある本格的な和食レストラン「かっぽふんじ」です。 屋内水槽で養殖された大西洋サーモンを使用した特別なニギリ寿司セットでユニークな料理体験を提供しています。

Kappo Funyuのスポークスマンは次のように説明しました。 「私たちは土地ベースの養殖サーモンを専門としており、ほぼ100%水の再循環で屋内でサケを飼育しています。最小化します。」

シンボルプロムナードパークから入手可能なガッポフニフォームサケ(SusHi Tech Tokyo 2024提供)

音楽とレシピを組み合わせたユニークなダイニングフュージョンレストラン「EATBEAT!」もお見逃しなく。 EATBEAT!では、訪問者は東京で空輸した新鮮な春食材を披露する丁寧に選別されたコースメニューを存分に楽しめます。

メニューの後ろには、ミシュランガイド東京で有名なBib Gourmand認定を受けたレストランのシェフがあります。 この本当のごちそうはお客様においしい環境を考慮した高級な味を味わう機会を提供します。 提供する料理には、春のニンジンとさくらとみテリン、焼きたての牛肉、いちごのチーズケーキが含まれます。

料理専門家のYukiya TeraiがYUKIAMESHI x Oisixで持続可能な食品について講演し、試食セッションを行います。 独自のレストラン「ゆきやめし」が持続可能な食材と絶妙なプレゼンテーションに重点を置いていることで有名なテライは、フードデリバリーサービス「Oisix ra Daichi」と協力しています. メニューには、魚のハンバーガー、ウニのカフェリーニ、昆布ロールなど、様々なおいしい食べ物やデザートが含まれています。

次世代モビリティ

ミライサーキットでは、お客様は自律走行バスや他の未来車を「テスト運転」するなど、マイクロモビリティオプションを探索できます。

SusHi Techは、人々が自分のライフスタイルと身体的能力に合ったさまざまな移動手段から選択できる新しい都市交通モ​​デルを構想します。 このサーキットには、低速車用コースと高速車用コースの2つのコースがあります。

訪問者が利用できる低速車の1つは、SegwayのPT i2 SEです。 このフラッグシップモデルは室内外とも走行が可能で、1回の充電で最大38kmを走行できます。

Poimoモバイルデバイスに乗っている訪問者(SusHi Tech Tokyo 2024提供)

もしそうなら、 ポイモ、部分的に膨張できるユニークなデザインを備えた電気移動装置です。 その多様性は本当に印象的です。 ユーザーは簡単に持ち運びできるように折りたたみ、拡張して自分と持ち物を快適に保管できます。 この適応型設計は、幅広いモビリティ要件を満たすようにカスタマイズされています。 ポイモは日常的な退職や専門的な仕事に適しています。 たとえば、軽い車椅子や便利な荷物運搬装置として機能します。

高速にはZERO9 Lite電動キックボードがあります。 コンパクトなオートバイに対応しているので、ライセンスは必要ありません。 低速トルクチューニングのおかげで、簡単な丘登りのために設計されたZERO9 Liteは、上り坂と下り坂を滑らかで簡単に走行できます。 後輪駆動と小径タイヤを適用し、20km/h以下で優れたトルク性能を発揮する。 また、通常の道路で最大15%の傾斜を探索でき、安定したブレーキシステムは安全な降下を保証します。

うみの森の技術探求

海の森エリアでは、土地、海、空でさまざまな技術を試すことができます。 今回の展示とデモは次世代モビリティ、先端新再生エネルギー、環境改善など3つのテーマに分かれて行われる。 東京都庁の方針と一致します。 優先順位プロジェクト自然と利便性が調和した持続可能な都市を目指しています。

ロボコのドローンファクトリーでは、訪問者がドローンを直接体験してみることができます。 生徒は自分だけのドローンを製作し、そのメカニズムについての洞察力を得る機会があります。 その後、彼らはスリリングなドローンレースでこれを試してみます。 参加費は1人あたり2,000円で、参加者はイベント終了後にドローンを保管することになります。

海の森エリアに展示されたドローン(SusHi Tech Tokyo 2024提供)

海の森のテックスケートボードゾーン(Tech Skateboarding Zone)は、もう一つ目立つスポットです。 広々としたオープンスペースを誇るこちらはスケートボーダーたちの天国です。 差別化されるのは、その地域に設置された発電機器で生成された電気がスケートボードに電力を供給することです。 垂直軸風力タービンはスタンドアロン電力を供給するため、訪問者は持続可能なライフスタイルを直接体験できます。

ドローンを社会インフラに組み込む実証事業も進行中だ。 目的は、検査および監視サービスのためにリモートコントロール、自己飛行ドローンを使用する可能性を評価することです。

そのような実験用ドローンの1つであるKDDI Smart Droneは、空中および水中作戦用に設計されています。 開発中のもう1つのモデルは、拡張動作用の充電ポートを備えた自己充電ドローンです。 訪問者はKDDIスマートドローンを直接テストする機会を得ます。

シンボル遊歩道公園イベントは5月26日日曜日まで続きます。 ウェブサイトを確認してください そこに行く方法についての情報が必要な場合。

一方、海の森地域イベントは5月21日火曜日まで行われる。 そのウェブサイトでアクセス情報を見つけてください。

関連:

著者:ダニエル・マニング

READ  「Apex Legends」パスファインダー出生の秘密に迫る新たな映像 "ファイトナイト」公開。楽天家のロボットは、何のために作成された| AUTOMATON
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours