エンターテインメント

SVACで無料のモクハンガ展示| 娯楽

マンチェスター – サザンバーモントアートセンターで2つの相補的なモクハンガ展が開催されます。

「広重と変化する日本の風景」は、宇多川広重(1797-1858)の日本の木版画で、19世紀の日本の政治的雰囲気が芸術に及ぼす影響と芸術がその気候に及ぼす影響を描写した作品です。 展示は2月27日まで続く。

この展示会で、広重は風景を主なテーマとして扱い、彼を国内で最も尊敬される木版画の代価に引き上げたホエイド東海道(Hoeido Tokaido)の全シリーズを披露します。 55枚のイメージで構成されたこのシリーズは、江戸(現在の東京)と300マイル以上離れた京都を結ぶ重要な沿岸道路である東海道沿いの旅行者を案内します。

展覧会全体は、半世紀以上にわたって集められたアートセンターアーティストであり、メンバーであるSteven Schlusselのコレクションです。 また、アートセンターはニューハンプシャーに拠点を置くアーティストMatt Brownを招待し、様々な色の木版で日本印刷の基本過程に命を吹き込む本格的なツールと材料を展示しました。 ウィルソンのロビーにはブラウンの指紋が展示されています。

Over in the Yester House、補完展示「The World Between The Block And The Paper」が3月27日までです。 日本の富士山の日陰で、彼らのモク港が修練を通じて結束された。

詳しくは svac.org

READ  野球 - アメリカ、韓国破り、日本と8強進出

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close