技術

Switch Lite風が超小型ゲーミングPC「GPD WIN 3」の情報を公開します。 Tiger Lake搭載でAAAゲームを60fpsで再生可能アピール

ShenZhen GPD Technology(以下、ShenZhen GPD)は、超小型PC「GPD」シリーズの新製品となる開発中の携帯ゲーム機PC「GPD勝利3」の情報を公開した。
ShenZhen GPDによると、GPD WIN 3は、従来のGPDシリーズでボディデザインを大幅に変更してスライドの表示の下に小さなキーボードを配置した後、体左右の突出部分にゲームパッドを備えることが最大の特徴である。 さらに、Intelの第11世代Coreプロセッサ(開発コードネームTiger Lake)である「Core i7-1165G7 “を採用し、大幅なゲームのパフォーマンスの向上も実現したというものである。また、発売時期や価格は明らかにされなかった。

ディスプレイを開いて、キーボードが露出された状態GPD WIN 3.下にある黒いのは、ドッキングステーションからGPU WIN 3は分離することができる

GPU WIN 3は5.5インチサイズの液晶パネルを備えたPC本体の左右にNintendo SwitchのJoy-Conなどのアナログスティックされたゲームパッドを組み合わせたような外観を採用している。 GPDが公開した写真では、右アナログスティックとA / B / X / Yボタンの配置が異なるため、ゲームパッド部分のデザインはまだ検討中らしい。

GPU WIN 3のディスプレイを閉じた状態。前述の写真と右のゲームパッドスティックとボタンの配置が異なる
画像集#003サムネイル/ Switch Lite風が超小型ゲーミングPC

本体サイズは約Nintendo Switch Liteと似ていたり、少し小さい程度になるようだ。

Nintendo Switch LiteとGPD WIN 3の試作品を並べサイズを比較した写真
画像集#005サムネイル/ Switch Lite風が超小型ゲーミングPC

Tiger Lakeの採用により、CPUとGPUの性能が大幅に向上されていることに加えて、メインメモリにLPDDR4x-4266内蔵ストレージはPCI Express 4.0をサポートSSDを搭載することにより、システム全体の性能向上も実現しているという。 ShenZhen GPDは、最新のAAAタイトルを60fpsで再生することができると主張している。
また、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)とThunderbolt 4などの規格にも対応して、外付けGPUボックスの接続にも対応するようだ。

画像集#004サムネイル/ Switch Lite風が超小型ゲーミングPC

従来品よりキーボードが小さくなるようなキーの入力しやすさを重視する人には気になる部分もあるが、デザインや仕様に魅力的な部分は多いので、超小型のゲームPCを要求人は楽しみの新製品となる。

READ  Best Tablet 最高のタブレット[2021]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close