トップニュース

TABLE-Japanアルミバイヤーは10-12月の輸入について、より高い報酬を支払う必要があります。

東京、10月5日(ロイター) – 10月から12月まで、日本のバイヤーのアルミ出荷プレミアムは前期比19%増のトン当たり220ドルで販売された。 これはタイトな供給と価格交渉に直接関与した6人の筋を反映したものである。 と述べた。 この数値は、7-9月期に支払われたトン当たり$ 185よりも高いもので5四半期連続の増加を記録した。 日本はアジア最大のアルミ輸入国であり、ブランチごとに支払うことに同意した1次金属出荷のためのプレミアムは、ロンドン金属取引所(LME)の現金価格よりも高く、この地域の基準になりました。 以下は、2005年以降、日本のバイヤーとグローバルサプライヤーの間で合意されたプレミアムの表です。 数値は、現金を超えるLME、CIF基準トン当たり基準:Q1 Q2 Q3 Q4 2021 $ 130 $ 148-149 $ 185 $ 220 2020 $ 83 $ 82 $ 79 $ 88-5859 $ 103 $ 108 $ 97 2,018に$ 103 $(129)$ 132 $ 103 2017 $ 95 $ 128 $ 118-119 $ 94-95 2,016 $ 110 $ 115-117 $ 90〜93 $ 75 2015 $ 425 $ 380 $ $ 100 90 2,014 $ 225 $ 365-370 $ 400-408 $ 420 2013 $ 240-245 $ 248-250 $ $ 250 245-247を$ 2012 $ 112 $ 121-122 $ 200-210 $ 254-255 2011 $ 112-113 $ 113 $ 120 $ 118-2010 $ 128-130 $ 122-124 $ 120 $ 510-16 $ 116-118 $ 58-552 $ 76-77 $ 71 -73 $ 68-69 $ 65-66、2006 $ 56 $ 60-61 $ 73 $ 82-83、2005 $ 86-87 $ 79-80 $ 70-72 $ 63(大林ユッカのを見て、ジェイソンニーリーの編集)

READ  「カプセル」帰国 "複雑な分子構造を持つものと期待」(2020年12月8日) - ANNnewsCH

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close