経済

Takeda, 日本でのNovavaxのCOVID-19注射 2022年初頭発売検討-CEO

2018年7月2日、日本の東京新社屋で武田製薬のロゴが見える。 REUTERS/キム・ギョンフン/ファイル写真

東京、10月29日(ロイター) – Novavax Inc(NVAX.O) COVID-19ワクチンの日本パートナーである竹田薬局Co(4502.T)は、来年初めに日本で発売のための規制承認を準備しています。 最高経営責任者が金曜日に言った。

Novavaxは米国の承認申請を今年末に延期し、ポリティコは今月メリーランドに本社を置く同社が生産と品質の問題に直面したと報告しました。 この製薬会社は水曜日に英国の規制当局に提出した。 もっと読む

クリストフ・ベバー・竹田最高経営者(CEO)は、ロイター・トータル・ヘルス(Total Health)に先立ってインタビューで「イギリスから提出されたパッケージが日本当局を満たすかどうかを評価しなければならない」と述べた。 会議、11月15-18日に仮想で実行されます。

彼は「今後数週間、数ヶ月以内にこのようなことが起きると思う」とし、今年末に始まる予定の日本のブースターショットプログラムを時々助ける準備ができると付け加えた。

武田は「製品が承認されるとすぐに」ワクチンを作る準備をしていると彼は言った。

武田は日本西部のヒカリ工場でノババックスのタンパク質ベースのワクチン2億5000万ドーズを生産できると述べ、日本政府に1億5000万ドーズを販売することに契約した。

日本は、全人口の71%を接種したファイザー(Pfizer Inc)(PFE.N)/バイオエンテック(BioNTech)およびモデナ(Moderna)(MRNA.O)のmRNA型注射に大きく依存してきた。

武田は今年5千万ドーズのモザーナを輸入および流通する役割を果たし、来年も同量の契約を結ぶ。

健康データ会社IQVIA Holdingsによると、日本のコロナ19ワクチン支出は今後5年間で約1兆3,700億円(121億ドル)に達することができ、武田はかなりの先取り者優位を持っています。

しかし、多くの障害物が残っています。 TakedaとModernaは、スペインの生産パートナーにさかのぼる問題であるいくつかのバイアルで金属汚染物質が発見された後、日本で163万ドーズをリコールしました。

Weberは、「ワクチンの場合、製造プロセスは常に非常に複雑です。コロナ19の初期からワクチンの需給問題が多かった理由は簡単なプロセスではないから」と述べた。

($1 = 113.5900円)

Rocky Swiftの報告。 サイモンキャメロンムーア編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の1月の世帯出費はウイルス緊急事態のために前年比6.1%減

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close