経済

TCLから日本市場初の5G対応スマートフォン「TCL 10 5G’3万9800円 – 携帯電話Watch

FOXは、TCL製のAndroidスマートフォン「TCL 10 5G」を11月24日に発売する。 価格は3万9800円(税込)。

TCL 10 5Gはクワッドカメラを搭載5G対応しつつ、低価格に抑えたミドルレンジのAndroidスマートフォン。 ディスプレイは6.53インチ。 解像度はFHD +であるカメラをパンチ穴タイプとすることで、画面占有率91%を達成した。

本体の色は「クロームブルー」と「マーキュリーグレー」の2色を用意。ボディ裏も3Dガラスによる丸い形に仕上がっている。

本体左側面の「スマートキー」は、シングルプレス、ダブルプレス、長押しすると、すべてのアプリケーションを実行するように設定することができる。

取り扱いはFOX STOREほか、Amazon.co.jpとひかりTVショッピングなど。 プラススタイルで、他のチャンネルに先立って、11月10日に発売される。

また、FOX ONLINE STOREでTCL 10 5Gを購入すると購入特典としてcaseplay jamで使用できる5000円(税込)分のギフトコードがプレゼントされる。 また、FOX STORE限定でTCL 10 5G専用ケースが多数発売される。 FILAとLANVINのコラボデザインのケースも販売される予定である。

コンテンツを楽しむことができるディスプレイとオーディオ

専用ディスプレイエンジンを備えており、目の疲れを緩和し、SDRのHDRへのアップコンバートより実際に近い色など、さまざまな最適化をリアルタイムで実施する。

また、紙で読んでいるかのような色になる読書モードやブルーライトを軽減するモードも備えている。

オーディオは、高解像度のにも対応。 また、「SUPER BLUETOOTH」同時に4つのBluetoothオーディオデバイスに接続することができる。 このように、1つのTCL 10 5Gで複数の友達と聞いている音楽を共有し、複数のスピーカーから音楽を流すことができる。

4目のカメラ

カメラは64MPのメインカメラ、8MPの超広角、5MPマイクロカメラに加えて、2MPの深度センサー4の目を構成する。 超広角カメラは、最大118度の視野角で広い風景を1フレームに含まれる。

また、深度センサは、天然ボケ効果を生むための人物の写真を撮影することができて、マクロカメラは最接近時2cmの距離で被写体を撮影することができる。

また、あるカメラは、4つのピクセルを一つに結合して、低照度でも明るく撮影できる「4-in-1ビッグピクセル技術」を採用している。

主なスペック

工場に搭載されるOSはAndroid 10.チップセットはクアルコム製のSnapdragon 765G 5G。 6GBのメモリと128GBのストレージを備えている。

5Gで利用する場合には、NTTドコモのネットワークには対応し、楽天モバイルネットワークは、今後サポートされる。 4Gの場合には、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社に対応する。

バッテリー容量は4500mAh。 Quick Charge 3.0(18W)に対応するほか、他のデバイスに電力を供給する逆充電が可能である。

色はクロームブルーとマーキュリーグレーの2色展開。

生体認証は、本体背面に指紋センサーを備えている。

TCLの5G時代の戦略

TCL CMOのステファンストレート氏は、「TCLは、エアコン、TV、スマートフォンなど、さまざまな製品を提供しているが、携帯電話の製品は、人々がどこへ行っても離さず、他の家電にも連携するという点で非常に重要である」と述べた。

同様に、人々は、常に使用することも技術的にだけでなく、ブランドの観点からも、スマートフォンが重要であるとする。

CES2020で1年に全世界の7つの地域でのスマートフォンを発売したTCL。 9月には、スマートフォンだけでなく、タブレットやスマート時計も発表した。 「(新型コロナウイルスによる)パンデミックの中でも、人々に、より良い製品を提供したい」とステファン氏。

TCLは、5Gスマートフォンを「エンターテイメントを楽しむことができる端末」として位置づけられているという。 5Gをより普及させるために手の届きやすい価格で提供するとも述べた。

また、スマートフォンやその他の家電製品との連携も強化。 この会社は、中国で5G搭載TVなどを発表している。

TCLは、今後のインターネットの主流は、現在のような有線でのモバイルネットワークが中心になると予想。 5Gに力を入れていくのはそのためだという。

すでに米国ベライゾンで5Gスマートフォンを発表しているTCL。 ステファン氏は、「日本の携帯電話市場は、先進の日本での成功に焦点を当てたい」と、今後の日本市場も重視していく姿勢を明らかにした。

READ  部屋は整理もよい。 ペットの糞も避けロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」|ギズモード・ジャパン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close