技術

TCL量子ドット “QLED」搭載の4K TV。 Vision / Atmos 55インチ12万円 – AV Watch

QLED搭載4K TV「Q815」

TCLジャパン電子は量子ドットLED技術を採用した4K液晶TV「Q815」と4K対応液晶TV「C815」シリーズを11月20日から発売する。 2つのシリーズの両方65インチと55インチの2サイズをご用意。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9万円〜15万円前後。

QLED搭載4K TV「Q815」
65インチ “65Q815」60Hzパネル15万円前後、11月20日発売
・55インチ “55Q815」60Hzパネル12万円前後同感

QLED搭載4K対応TV「C815」
65インチ “65C815” 120Hzパネル12万円前後、11月20日発売
・55インチ「55C815」60Hzパネル9万円前後同感

豊かな色彩と自然に近い色を提供する量子ドットLED技術」QLED」を搭載したモデル。

パネルは、液晶方式で、解像度は4K / 3,840×2,160ドット。 OSはAndroid。 Dolby Vision、Dolby Atmosに対応し、4K Ultra HD Blu-rayや動画サービスなどで提供されるサポート内容を表示・再生することができる。

Q815とC815シリーズの最大の違いは、4Kチューナーとバックライト領域の制御の有無、サウンドシステムなど。 動画サービスやクロムキャスト、Google Assistantなどの基本的な機能は共通。

QLED搭載4K TV「C815」

2シリーズ共通機能」QLED」「HDR」「DolbyAtmos」「ネット機能」

2019年10月に発売した会社のハイエンドモデル「65X10」にも採用された量子ドットLED技術」QLED」を搭載。

量子ドットは、光を他の波長(色)の光に変換する微細な半導体結晶で、それをシート状にしたものをパネルに統合して効率的に鮮やかな色を生成することができるのが特徴。 このフィルムは、青色LEDライトをナノメートルサイズの粒子に吸収波長の異なる光に変更して色の損失が少なく、鮮やかな色彩を実現。 既存の4K LCD TVに比べて色域を拡大することができたという。

HDR規格はHDR10、HLGほかDolby Visionをサポートします。従来のTV画面では表現できなかった明るさ、鮮やかな色彩、暗部細部までを表現し、美しい映像を楽しむことができると

立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応。4KチューナーないC815シリーズは、フロントサウンドバーとリアサブウーファーを使用した、より高品質なサウンドを楽しむことができる。

Androidを搭載し、映画やドラマ、スポーツなど様々な動画サービスをサポートします。 YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixのほか、U-NEXT、ABEMA、Huluは、TVerなど日本仕様にローカライズされたコンテンツをストレスなく利用できるという。

4Kチューナー搭載「Q815」シリーズ

Q815シリーズは、新しい4K衛星チューナーを搭載した4K TV。

「Q815」シリーズ

65インチ、55インチともに、60Hzのパネル。 LEDバックライトを制御する「ローカルディミング」機能を搭載。 LEDの発光量を、画面の領域ごとに制御することによりコントラスト比を高め、風景の深さと素材の質感までリアルに再現することができるという。

両サイズともバックライトは、直下型に比べ5,000:1。

ローカルディミング画像

側面

搭載するチューナーはBS4K / CS110度CS4Kチューナー×1、地上/ BS / CS110度デジタルチューナー×2のインターフェイスは、HDMI入力×3、USB 2.0×2など。 スピーカー実用最大出力は20W。

電力と年間消費電力量は、65インチが270W、310kWh /年。 55インチが220W、245kWh /年。

スタンドを含む外形寸法と重量は、65インチが1,446×330×905mm(幅×奥行き×高さ)、28.1kg。 55インチが1,227×279×769mm(同)、20kg。

サウンドバー&SW搭載「C815」シリーズ

C815シリーズは、2K放送チューナーを搭載した4K対応TV。 ディスプレイの下部にサウンドバーを装着して背面にサブウーファーを備えた高品質のサウンドを楽しむことができる。

「C815」シリーズ

65インチの専用120Hzパネルで55インチは60Hzパネル。 1,296領域で制御する「マイクロ調光」機能を搭載する。 両サイズともバックライトはエッジ型。 コントラストは65インチが4,000:1,55型が5,000:1。

側面

搭載するチューナーは地上/ BS / CS110度デジタルチューナー×2のインターフェイスは、HDMI入力×3、USB 2.0×2など。 スピーカー実用最大出力は50W。

電力と年間消費電力量は、65インチが230W、300kWh /年。 55インチが180W、167kWh /年。

スタンドを含む外形寸法と重量は、65インチが1,446×366×934mm(幅×奥行き×高さ)、27kg。 55インチが1,227×351×808mm(同)、18.4kg。

READ  Amazonプライムデーに最大3%安く購入裏技! Fire HD 8、Air Pods、Echo、Kindleすべて対象! | ハイパーガジェット通信

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close