Tech JapanのCEOの西山直孝は、バンガロールに引っ越し、「インドが世界にプラスの影響を与える」と述べた。

Estimated read time 1 min read

Tech Japanの創設者である西山直孝(Naotaka Nishiyama)は、LinkedInに投稿した記事で、彼はインドに移住する予定であり、これは彼の人生で「確かに大きな鳥」と言いました。

彼は投稿から「いよいよ時が来た。 私はインドに移住し、明日からベンガロールで生活を始める予定です。 私は約10年間インドを訪問しましたが、インドで「実際に生きる」のは今回が初めてです。 これは確かに私の人生の大きな新しい章です」

西山氏は次のように述べています。 他人を送るよりも実際にインドに住んで約束をすることが創業者CEOとして重要だと判断しました。

Tech JapanのCEO西山直孝(Naotaka Nishiyama)がLinkedInに投稿した投稿です。

「単に出張者ではなく、地元の人たちと一緒に生活し、彼らと一緒にビジネスを作っていきます。 インドで素敵な人々を集め、インドでチームを作り、インドで世界中にプラスの影響を与えます。 考え始めると期待と希望でときめく心を止めることができない。 ちょっとした不安さもいい感じだ。

彼は「日本では人々が子供たちに「人をいじめないでください!」と教えると言いました。一方、インドでは「他人をいじめて生きているので、他人も許すべきだ」という教えを聞きました。私はこの考えが好きです。同じ問題を引き起こします。インドの人々の助けを借りて、私の人生を生きていきます。

この記事を書いた時点で、投稿は1,913件の回答、362件のコメント、11件の投稿を受け取りました。

江戸ナイト利用者は「30年前からインドを定期的に旅行し始めた。 モンスーンシーズンにボンベイ空港に飛行機に乗って夜明け2時に着陸し、ほとんど荒廃していなかったボンベイの街を通り過ぎてタージマハルまで運転します。 光景、匂い、音 – 官能的な過負荷 – それから何百回も訪れ、私は素晴らしい光景を見ました。 多くの人は決して起こらないと言ったが、その第一印象は決して私を去らないだろう。 しかし、あなたは私が決してする機会がなかったことをやっています。 あなたは国がかなり驚くべき速度で発展するのを見ながら、そこに住んでいるすべてを大切にします。 (そして私は中国が開港の初期に高速道路でさえ建設することができなかったのを見ました。1995年、一部の人々はインドが決して建設できないと言ったので比較する根拠があります。)これを楽しんでください。」

ユーザーは西山の投稿にコメントしました。

「インドへようこそ、心から歓迎します。 直高西山さん。 インドはあなたに人生の最高の時代、絶えず幸せな思い出、そして多くの成功を与えることを願っています。

西山は、2019年にインド人材と日本の技術企業との協力促進に焦点を当てたプラットフォームであるTech Japanを設立する前に、givという非営利組織を設立しました。

特典の世界を開きましょう! 洞察力のあるニュースレターからリアルタイムの株式追跡、速報、カスタムニュースフィードまで、すべてがここにあります。 ワンクリックでいいです! 今ログインしてください!

READ  アメリカと日本、皇室と共にフルブライト70周年記念イベント
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours