経済

Technics新世代アンプ「SU-R1000」の測定記録からのアナログが高音質化 – AV Watch

参照クラスのステレオプリメインアンプ「SU-R1000」

パナソニックTechnicsブランドの最上級」を参照クラス」のアンプでステレオプリメインアンプ「SU-R1000」を12月11日に発売する。 受注生産で、価格は83万円。 カラーはシルバー。

既存のリファレンスクラス「R1」シリーズは、着脱可能なアンプだったが、フリーとパワーインターフェース接続のしやすさなどからフリーとパワーをセットで買う人が多いという。 だからプリメインアンプで参照クオリティを実現するアンプで新たに「SU-R1000」が開発された。

フルデジタルアンプを新技術は、さらに発展させた「強力正確なスピーカー駆動を実現するとともに、応答性が高く、ノイズを抑えた新開発の電源によって純度が高く、エネルギーあふれる躍動感のある音楽再生を実現した」と述べた。

また、アナログ回路とデジタル処理を組み合わせた独自の信号処理を行なう「Intelligent PHONO EQ(インテリジェントフォノイコライザー)」により、アナログレコードの音をより忠実に再現することができるのも特徴である。

Technicsのデジタルアンプ「JENO Engine “は、正確なジッタ低減回路とPWM変換回路は、音声信号をデジタルで入力段階で電力段まで低ジッタ送信・処理して純度の高い音楽再生が可能。

ジェノエンジン

スピーカーを接続した状態では、アンプの出力特性と位相特性を測定して、さまざまな種類のスピーカーを理想的な振幅・位相特性で駆動することができる「LAPC(Load Adaptive Phase Calibration)」も搭載。 自分のデジタル技術は、低ノイズクリアな音質と広大な音場イメージの再現を実現している。

新しい技術で、「Active Distortion Cancelling Technology」(ADCT)を投入。 スピーカーをドライブするときの瞬間的な電源電圧の低下や逆起電力などにより、パワーアンプ部で発生する歪みを精密に除去することで、パワーアンプ部からスピーカーに出力される信号の一部デジタル変換してJENO Engineの出力信号と比較して、歪み成分のみを正確に抽出した。 歪みをキャンセルしている。

アナログアンプに使用される音楽信号自体をフィードバックする負のフィードバック回路(NFB)とは異なり、デジタル領域での歪み成分のみを高精度に抽出して、歪みをキャンセルしていますので、音質に影響を与える過渡特性を損なうことなく、スピーカー駆動力を向上させることができるという。 その後、「歪みを抑え、音楽信号に含まれた躍動感とエネルギーをそのまま再現する」と。

電源部には「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用。 スイッチング電源は、一時的に電源供給能力に優れており、強力なサウンドを実現することができますが、スイッチング動作が生じ、ノイズの発生する弊害もある。 このノイズ低減をより推進し、より進化した高速スイッチング電源を開発した。

小さな入力信号を扱うプリアンプ部と増幅出力信号を扱うパワーアンプ部を上下2段の層に分離したセパレート構成を採用。 下段のプリ部には、アナログ信号処理ブロックと、デジタル信号処理ブロックを分離する。 それぞれ専用の電源から供給している。

Phono入力ボード

「Intelligent PHONO EQ “はフルデジタルアンプと呼ばれる特性を活かし、デジタル信号処理を活用することで、アナログ回路だけでは実現できない高音質化を実現すること。

具体的には、アナログとデジタルのハイブリッド処理して、正確なEQカーブを実現する「Accurate EQ Curve “機能を搭載。フォノイコライザーをアナログ回路とデジタル回路のハイブリッドで構成レコードの微細な信号をアナログ回路で増幅、A / D変換時の変換誤差を抑制デジタルフィルタによって影響を及ぼさレベルと誤差のない性格イコライザーカーブを実現。高精度フォノイコライザーを実現している。

デジタルフィルタの特性を活かし、RIAAカーブを含む7つの(RIAA / IEC / Columbia / Decca / FFRR / AES / NAB / RCA)の様々な補正曲線を選択することができる。 これは膨大なアナログレコードの音をより忠実に再現することができるという。

また、カートリッジ特有のクロストーク特性を測定・改善 “Crosstalk Canceller」も用意。 カートリッジは、1つの針でレコードの溝に刻まれたステレオ信号を拾う原理的に左右のクロストークが発生する。

それを改善するために、測定用の「補正レコード」を同梱。 このレコードをユーザーが持っているアナログプレーヤーカートリッジを使用して再生します。 アンプ側でそのサウンドからのクロストークを測定。 それに基づいてDSPでキャンセルすることで、クロストークを改善します。 「レコードの溝に刻まれた本来の音をより忠実に再現する」と。

「クロストークキャンセラー」

測定用の「校正記録」

クロストーク特性の測定・補正のほか、カートリッジとフォノイコライザーのインピーダンスマッチングによる影響をDSPで補正する「PHONO Response Optimiser」も搭載。 これも補正レコードを使用して測定・補正する。 インピーダンス整合のためのスイッチを追加することによるノイズ混入の可能性を排除して、カートリッジ本来の音を引き出すする。

また、「Crosstalk Canceller」と「PHONO Response Optimiser「同時に測定・補正が可能であり、内蔵メモリに3つのカートリッジ補正データの保存と名前の入力が可能である。 カートリッジに合わせて切り替えることができます。

各ブロックの干渉を最小限に抑えるための筐体には補強を兼ねた鋼板シールドプレートでブロックに分割します。 ケースも10mm厚のアルミフロントパネルとサイドパネルとトップパネルには、厚さ6mmのアルミパネルを採用。 鋳鉄インシュレーターを採用するなど、高剛性化を徹底した。

アンプ部には、迅速かつ損失が少ない超低ON抵抗」GaN-FET」を採用。電源回路用FET素子も速いGaN-FETを採用しており、整流回路には、高電圧からの回復の損失を大幅に減らすことができるSiCダイオードを使用。定格出力は150W + 150W(8Ω)。推奨負荷impedance 4〜16Ω。

A / Dコンバータは、アサヒ電子の高性能チップを採用。 太いスピーカーケーブルの装着が可能なモデル専用スピーカー端子を採用するなど、随所に高品質の部品を吟味して採用している。

専用スピーカー端子

PHONO入力ピンジャック入力に加えて、ハイエンドフォノイコライザーなどに搭載されているPHONOのXLR入力(MCのみ)にも対応。

USB DAC機能も備えており、USB-B端子は、ネットワークオーディオサーバなどの常時接続やノートPCなどを使用する際の接続のために2系統用意。 USB DACでは384kHz / 32bitまでのPCM、22.4MHzまでのDSDに対応する。

デジタル入力は、MQAにも対応して接続機器のMQAファイルやMQA-CD再生時のプールのデコード再生が可能である。

アナログ入力端子にアナログ音声(RCA)×2、XLR×1、Phono(RCA)×1、Phono XLR×1主入力×1、REC入力×1、デジタル入力は、USB×2、光デジタル×2、同軸デジタル×2、アナログ出力にRECアウト×1、フリーアウト×1を用意。 標準ステレオヘッドフォン出力も備えている。

外形寸法は430×459×191mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約22.8kg。 消費電力は220W。

音を聞いてみると

機能面では、ユニークなのは、付属のレコードを再生して、ユーザーのアナログプレーヤーやカートリッジの特性を考慮して、理想的に再生してくれる “Crosstalk Canceller」と「PHONO Response Optimiser」だ。

これらを活用すれば、アナログレコード再生時の音質がより陰影が深く、鮮明で鮮やかなものになる。 だからアナログのような柔らかい質感などは維持されており、「デジタルな音」になることもない。 これは非常にユニークで効果的な機能である。

プリメインアンプとしての基本ドライブ能力や音質も大きく進化した。 消去微細な描写のシャープネスなどが大きく発展したと感じるが、そのほかにも注目すべき中低域のパワフルさ、あふれ出る「開く」気持ちがいいだろう。

既存の「R1」シリーズは、どちらかというと、「優等生」なサウンドドライブ能力や細かい描写は、自分が、音楽の展開など、おいしい部分を濃く再生のようなアンプはなかった。 それに対して、「SU-R1000」は、音楽のおいしいところを力強く聴かせてくれる。自然と体が動くような感情的な描写と消去シャープの進化が両立したプリメインアンプを完成し、Technicsの新世代を実感することができる音である。

READ  ★今日の[강추 결산]富士通製ラサ上司、KOA(10月16日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close