経済

Technics音質とネットワークが進化した一体型オーディオ「OTTAVA f SC-C70MK2 ” – AV Watch

「OTTAVA f SC-C70MK2 “左からシルバー、ブラック

パナソニックTechnicsブランドの高解像度対応一体型オーディオシステム「OTTAVA f SC-C70MK2」を10月23日から発売する。 価格は10万円。 カラーはシルバーとブラック。

以前のモデルと同様に天面CDプレーヤーを搭載、前面にスピーカーユニットを搭載したオールインワンシステムです。 進化ポイントに新たに開発されたスピーカーユニットを採用。 また、ユニットの前面に配置される音響レンズを最適化し、より鮮明でスケールの大きなサウンドを再生することができているという。

また、本体に搭載されたマイクから再生音を確認して部屋の広さや置く場所に応じて最適の音質を自動的に調整する「Space Tune Auto」機能も搭載。音楽ストリーミングサービスへの対応も強化されたモデルである。

ブラック

シルバー

天面のCDプレーヤーは、蓋を手動でずらしCDをセットするマニュアルCDトレイを採用。 天板はアルミ製で、アルミタッチキーも搭載。 シルバーモデルは新たに、ケースにダークシルバーカラーを採用。 より洗練されたデザインになった。

フロントに搭載する2cm径のTwitterと8cmウーファーをSC-C70MK2用に新たに開発した。 より高い解像度でレスポンスの良いサウンドになったという。

また、Twitterの前面に配置されて音響レンズの形状を最適化する。 自然な音の広がりをさらに向上させた。

ウーファーの振動板は、パルプ雲母を追加し、より強固な、カチッとした運動単位の進化。 ボイスコイルも4階から2階に変え中高域を適切に再生できるように音の解像度も向上したという。

左が以前のモデル、右が新しいモデル。 ユニットの振動板は、軽量されて音がより広くなるように音響レンズの形状も最適化された

設置場所に応じて最適なサウンドを調整する「Space Tune」も搭載。 従来は3つのプリセットから選択するか、iPhoneのマイク音響特性を測定し、最適な音になるように調整する方法が含まれていた。 新しいモデルは、また、本体にマイクを搭載した「Space Tune Auto」を用意。より簡単な操作で自動調整を行うことができるようになった。

CDプレーヤーのほか、FM / AMラジオも内蔵。 また、ネットワーク再生も可能。 新しいChromecast built-inをサポートし、幅広い音楽ストリーミングサービスをサポートします。 Spotify、Deezer、インターネットラジオの受信もある。 AirPlay 2、Bluetooth(AAC / SBC)、Wi-Fi経由で再生、USBメモリからの再生も可能。 アナログ音声入力、光デジタル音声入力も備えている。

好きなプレイリストやインターネットラジオ局を最大9個までプリセット簡単呼び出し機能も搭載。 アプリケーションを使用せずに簡単に操作することができる。

iOS / Android向けアプリ「Technics Audio Center」は、UIを刷新。ナビゲーションバーを採用し、音楽ソースを表示を改善し、ボリュームの操作性を高めるなど、使いやすく進化しました。

iOS / Android向けアプリ「Technics Audio Center “

そう特徴は、既存のモデルを踏襲。 出力は、フロントが30W×2ch、サブウーファー40W。 アンプ部には、リファレンスシリーズのデザインコンセプトを継承したデジタルアンプ「JENO Engine」を採用。音声信号をフルデジタルで入力からパワー段まで低ジッタ転送処理さまざまなスピーカーを理想的な振幅・位相特性からドライブスピーカー負荷適応処理「LAPC」も搭載している。

アナログ音声入力はステレオ1系統、光デジタル音声入力も1系統。 ヘッドフォン出力も備えている。 Wi-Fi(802.11 a / b / g / n / ac)とLAN端子も搭載。

外形寸法は450×280×143mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8kg。

背面端子部とバスレフポート

音を聞いてみると

使いやすさの面では、「Space Tune Auto」の搭載と音楽サービスの幅広いサポートがメインだが、音質も大幅に向上した。

ツイッターは振動板の軽量化を行い、よりレスポンスの良い音に進化。 音響レンズとの声もさらに広くなった。 リスニングエリアが厳しくないこと方策を動かしながら聞くような方法でも得ることができる音楽的な満足度が上昇している。 ウーファーの振動板より強固なものへと進化。 低域だけでなく、中域の解像度も向上している。

実際に新しいモデルを聞いてみると、全体の音の解像度が上がる。 人の声の生々しさと楽器の音像がくっきりして鮮明に描写されるように単位の進化を感じている。

低域も分解能が向上。 高解像度再生に対応した一体型システムであるが、高解像度の情報量の多さをしっかりと描写聞い取れるシステムになっている。

オーディオボードのプレゼントにも

10月23日〜2021年1月19日までにSC-C70MK2を購入すると、抜けなく、この製品の下に設置できるオーディオボードが示される。 応募期間は2021年1月29日17時まで。

プレゼントキャンペーンの詳細については、Technicsの公式サイトを参照してください。

下部にあるオーディオボード

READ  [미국 시황]株価反発、押し目買い優勢 - ドル指数1カ月ぶりの高値 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close