技術

Tepco、スカンジナビア裁判に参加してフローティング風力発電団地を日本に持って来る

TOKYO-海の上に浮いている風力タービンは、再生可能エネルギーの次に大きいものになることがあり、日本はノウハウを学びたいです。

小さな面積にもかかわらず、日本は排他的経済水域の規模で、世界で6番目に大きい海洋国家です。 国を囲んでいる深海と長い海岸線は浮遊式風力発電団地のハブになる可能性を提供しています。

Tokyo Electric Power Co. Holdingsは、再生可能エネルギー部門を通じてスカンジナビアの洋上風力発電団地のデモに参加すること緑の未来に向けた歩みを踏み出しました。

Tepco Renewable PowerはRoyal Dutch ShellおよびドイツのエネルギーメジャーRWEとプロジェクトを担当するデンマークの会社であるTetraSpar Demonstratorに投資した日本の会社が木曜日発表した。 Tepco事業部は、現在のShellに続いて最も大きなプロジェクトの持分30%を保有しているが、投資額は明らかにしていない。

目標は、早ければ2020年代後半に日本に類似した施設を建設することです。

伝統的な洋上風力タービンは、海の固定された基礎の上に建てられました。 一方、フローティング風力タービンは、水に浮かんでいる構造物に付着して海底が漂流するのを防ぐために海底に縛らます。

スカンジナビアプロジェクトの場合、鋼管とサスペンションキールで構成された浮遊式構造物が、ノルウェーの海岸から約10km離れたところに停泊されます。 組立時の溶接が必要ない構造で設置が容易で、コスト競争力があります。 構造物に装着された3.6メガワットの風力タービンは、今年の夏にオンラインで発売される予定です。

TetraSparの海洋ベースは風力に使用することができるよりも軽いのオプションの一つです。 デンマークグレ項で二ヶ月もない時間に組み立てました。

Tepco Renewable Powerは施設の輸送及び運営を支援するために職員を派遣しています。 この会社は、2030年代初めまで、新しい再生可能電力容量に6,000 MWで7,000 MWを構築することを目的としており、TetraSpar財団がその努力の利点として見なされます。 Stiesdal Offshore Technologiesは、この新しいベースを開発しました。

日本周辺の深海は浮遊式風力発電団地を固定されたプラットフォームのより簡単なオプションにします。 日本の南部都市北九州から試験中のものを含む多くのプレイヤーが洋上風力施設で作業しています。

READ  Bidenの気候サミットは、地球温暖化との戦いに役立つ技術に焦点を当てています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close