スポーツ

Terunofujiはトリッキーなウラを克服し、4日目で無敗を維持します。

照野富士、滑りやすいNo.2との近接戦で生き残った 前ヶ島 水曜日ウラは、新年のグランド相撲トーナメントで完璧な4-0に向上します。

3連覇に挑戦したTerunofujiは、4日目に怒った機敏なランカーを相手に忍耐と落ち着きが必要でした。 ozeki 前日の高케이ショー。

Terunofujiは2回目の試合でUra(1-3)を引っ掛けましたが、maegashiraはホールドからスワイプし、モンゴル生まれのグランドチャンピオンをバランスから倒してエッジに追いやりました。

照野富士は失策なしに片足でしばらくねじれたが、左足をストローの中に入れて敗北を防いだ。

そこでTerunofujiは行動を中央に戻し、最終的にmaegashiraのスラップダウンの試みが逆効果を与えた後、Uraを泥に押し出しました。

この勝利で、このスポーツの唯一のグランドチャンピオンは去る9月グランドトーナメントで遡る連続連勝行進を22勝に増やしました。

Takakeishoは、火曜日のウラとの試合で足を傷つけ、両国国旗館で開かれる残りの15日のトーナメントにコミットすることが予想されます。 彼は1位の桐山(1勝3敗)との4日目の試合で敗北し、1勝3敗で大会を去ります。

彼の馬小屋の主人、徳和山によると、高明祥は水曜日の朝に彼にレスリングすることができる条件ではないと言いました。

時和山は「春のバショ(3月)を準備できるよう、回復だけに集中してほしい」と話した。

Ozeki Shodaiは引き分け1位のWakatakakageに対してラッキーな脱出をしました。

Wakatakakage(0-4)は翔台をバランスから引っ張り、わらの方に押しながらスタートから優位を占めましたが、浮上する才能が彼がozekiをエッジ越しに送りながらリングの外につま先を出しました。

関わけ 三菱は再戦で勝利した後、4-0で無敗を維持しました。 komusubi マイセイ(2-2)。

スタジアムの関係者は、Mitakeumiを投げながら退場したMeiseiに対して初めて判決を下した後、両選手に再び試合をするように命じた。 審査員は、両選手が同時にリングから出たと判断した。

三竹美は再対決をしっかりと終え、強い突進で始まり、明瀬をまっすぐ押し出した。

関わたけわけはNo. 3 Endo(2-2)との接戦で敗れた後、2-2に落ちました。

エンドーは高野穂を早々に困惑させ、強力なグリップで彼をわら束に押し込んだが、関わりは再び大会に戻り、ほぼ逆転を起こし脇の下に投げ込んだ。

6位のアビ(4-0)は9位の千代国(0-4)を抜いて完璧だった。

元komusubiは、2020年7月にコロナウイルスの安全規則に違反し、3つのトーナメント出場停止を提供して以来、新しい目的を示しました。

去る1月大会のチャンピオンであるコムスビー大栄ショーは2位一の組(2-2)に完敗で押され、1-3に落ちた。 大栄翔は相手を最後まで追い詰めたが、一の組は逆転を遂行して旧関わけの戦闘で勝利した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Top Prospect Aflac、公式企業パートナーとしてNCAAの名簿に参加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close