TeslaのEV充電ネットワークが市場支配力を享受しています。

Estimated read time 1 min read
APファイルの写真
5月10日、カリフォルニア州ウエストレイクでテスラ車が充電されています。

米国自動車メーカーテスラ(Tesla Inc.)が北米地域の電気自動車充電システムの支配力をめぐり、自動車メーカー間の競争で弾力を受けている。

だが、テスラが走行状況、車両充電履歴など情報を商用化して利益を握ろうとすることが知られ、電気自動車関連市場全体を掌握しようとする動きも現れている。

より多くの自動車メーカーがプラグインを使用しています。

今春からテスラの電気自動車充電システムが米国市場で業界標準として浮上している。 去る5月フォード自動車はテスラのEV充電方式を採択すると明らかにした。 General Motors Co.とMercedes-Benz AGは、それぞれ6月と7月にこれらの動きに参加しました。 日産自動車、ホンダ自動車など日本企業も続いた。


読売新聞

これを主導するのはTeslaの大規模な高速充電ネットワークです。 米国内の急速充電器約3万台のうち、約17,000台はTeslaが開発した北米充電標準(NACS)をベースにしています。 米国電気自動車充電標準であるCCS(Combined Charge System)コンボ1が全体の30%を占め、日本のCHAdeMo EV充電標準が15%を占める。 ガソリン車両とは異なり、EVの場合、どのくらいの充電ステーションにアクセスできるかが重要です。

2025年にテスラシステムを採用するホンダは、既存の米国充電システムと互換性のある電気自動車をテスラシステムに接続できる機器を開発している。 しかし、機器の接続と分離に時間と労力が必要なため、テスラシステムを前面に導入する方が便利だと会社は判断したと伝えられている。

「データの宝箱」

Teslaシステムを使用している企業でさえ、充電ネットワークを介して自動車メーカーの支配力が大きくなることに注意してください。

Teslaは、競合他社に充電ネットワークを開設することで充電施設の使用料を徴収することができます。 テスラはネットワークを通じて各車両の走行状況、充電履歴など多様なデータも収集できることが分かった。

Teslaは、そのデータに関する具体的な情報を開示していません。 しかし、日本経済産業省の上級関係者は、日本の主要自動車メーカーによると、EVは「データの宝箱」なので、会社がデータをビジネスに転換すれば、現在Teslaの支配力はさらに強化できると述べた。

去る7月、ホンダ、GM、韓国現代自動車など7つのグローバル自動車メーカーは北米地域充電施設開発のための合弁会社設立を発表しました。 彼らは、2030年までにTeslaおよび米国の充電システムと互換性のある30,000の充電ステーションを構築することを目指しています。

ホンダは去る9月、BMW AG、フォードと電気自動車を活用して安定した電力供給のための合弁会社を設立することに合意した。 電気自動車と電力会社を結ぶ情報インフラ構築に主導権を握ろうとしている。

READ  PCR検査1980円、東京駅の近くに開業初日は、アクセスが殺到... "需要ここまでと":東京新聞TOKYO Web
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours